それが一番大事


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 


www.youtube.com

 

 

 

ワールドカップで、日本がスペインに勝利した試合、今日の早朝4時から開始でしたが、クローズドの人たちも数多く早起きし見ている人がいました。

日本がドイツ戦に続いて劇的な逆転勝利で首位通過です。

そこにも書き込んだのですが、強豪ドイツに逆転勝利の後、コスタリカにまさかの敗戦で絶体絶命に追い込まれていた今日の状況に、CMでかかっていた『それが大事』の曲がぴったり合っていて、感動しました。

『投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと』・・・それが一番大事ですね。

交通取締の際の指印について

河野太郎のTwitterで、交通取締の際の押印や指印は任意だとあったらしく、話題になっていますね。

知らなかった人が大多数のようです。

 

私は、もうずっと前から、押印も指印もしません。

運転免許取り立ての初心者のときには、交通違反時には言われるままに拇印(指印)していましたが、あの、手が汚れる指印はどうも納得できなかったので、いろいろ調べました。

そうすると、署名は規定があるものの、押印やまして指印などに関しては何の規定もないことがわかりました。

それからは、署名をした後、押印のところには、姓だけのサインにしています。

10年前までは、警察官も知らなかったらしく、押印も指印もしない、と言うとみんなびっくりしていました。

『押印はしない。』

『印鑑がないなら、指印で結構です。』

『指印もしない。署名だけでいいはずだから。』

『いや、規定で押印は必要なのです。』

『そんな規定はないですね。どの法律ですか。』

『うーん(困って)、刑事訴訟法かな?』

『それ、絶対に違う。刑事訴訟法にそんなこと書かれてない。あなた本当に警察官?警察手帳見せて。』

『ちょっと、本部に確認します。』

電話で確認した後、『署名だけで結構です。』

 

こんな感じでした。

ここ10年は、知らない警察官はまだまだ多いのですが、誰か一人上の人だろう人が横から、『署名だけで結構です。』と言ってくれます。

 

ただ、ここ最近はスピード違反もすることがなく、この春には、ゴールド免許を取ることができました。

 

指が汚れる拇印は嫌なものですから、拒否できると覚えておいたほうがいいですね。

 

 

 id:hiponist  
 ショーシャンクさん、こんばんは。  
そうなんですね。署名だけで大丈夫なんですね。知らなかったです。  
私もだいぶ前ですが、一方通行と知らず逆走してしまい、その時指印させられました。  
ショーシャンクさんもスピード違反をされたことがあるんですか?  
なんか以外な一面が見れた気がします(笑)  
やっぱり疑問に思ったことがあれば、調べないといけませんね。  
 
 

hiponistさん、こんにちは。

前は、ほとんどアクセル踏まなくても気が付かないうちにスピードが出ている感じの車でしたから、気が付くと、という感じでしたね。

いまは、排気量が小さい車ですから、頑張らないとスピードが出ません(笑)

また、自動的に目の前の車と同じ車間距離で走行してくれ、前の車が止まったら自動的に止まってくれますし、ほとんどその機能を使って運転しますので、スピード違反になることがありません。楽ですし。

 

この世の中で法律知識はあればあるほどいいですね。

法律と言うのは、本来、弱者を守るためにあるのです。

しかし、実際には、社会にあまり慣れてない人は、法律も知らないので、法律は社会的な強者がいいように使う道具になっています。

弱者ほど法律知識が必要です。

本来、人間は自由なのです。

自らの意志に反して強制的に何かをされることは原則的には許されないのです。

しかし、緊急時や治安のためなど極めて限られた場合にだけ、強制力の発現が認められているのです。

必要最小限のことだけに限り強制力を行使できるのです。

逆に言えば、必要最小限のことにしか強制力は行使してはいけないのです。

 

例えば、今回の例で行くと、交通取り締まりの場合、指印もそうですが、仕事や勤務先、電話番号、などいろいろ警察から聞かれるでしょう。

それも全く答える必要はありません。

免許証を提示すれば、そこに住所と氏名と生年月日という個人の特定に必要なものはすべて書かれているのですから、それ以上のことは任意です。

ですから、答える必要がありません。

私は、交通取り締まりで、自宅や携帯の電話番号や仕事や勤務先を警察から聞かれても『個人情報なので答えない』と言っています。

担当の人がびっくりして『ええ?警察ですよ?』と言ったりしますが、横にいた上の人らしき人が『いや、いいから』と止めたりします。

ある程度上の人は、どこまで聞いてよくて、どこからが任意と言うことが分かっているのでしょう。

 

 

 id:gprienekn-p  
おはようございます。
指印は押さなくても良いと知っいましたが(以前取り締まりに合った時、友人に聞いて)それから判子を携帯しています) 押印はしなくてはいけないものだと思ってました。(警察官の威圧的な態度に負けます)
また、一つ勉強になりました。 ありがとうございます。

 

こんばんは。

そうです。

拇印はおろか、押印もしなくていいのです。

私も車の中には印鑑は入れているのですが、押印はしません。

スピード違反の場合、下り坂で測っていないか、とか、小雨であっても雨が降っていないか、などをチェックします。

下り坂での計測はスピードが出やすく、適切ではないですし、雨が降っている場合は、計測器の誤作動がある場合があります。

 

ただ、ほとんどの人は、警察官数名に囲まれて『押印してください。印鑑が無ければ拇印を押してください。』と言われると、拇印を押しますね。

また、知識として、押印も拇印も必要ないと聞いていても、いざ現場で警官に凄まれると従う人もいます。

私の話を聞いていた人が、ある時交通違反して『押印しない』と言ったところ、『じゃ、警察署に来るか?』と凄まれて、すぐ指印したそうです(笑)

警官も本当に法律を知っているかどうか見てますから、なかなか付け焼刃では折れてしまう現実もあります。

 

しかし、これに限らず、法律は自分の身を守るものなので、知っておくに越したことはないですね。

 

 

 

 

使っているフラクトオリゴ糖は

 id:chochimi  
ショーシャンクさん、こんばんは。
相談というほどのことではないのですが、 最近、主人の健康診断で肺に影が見つかったため、 検査を色々受けておりました。
まだ結果が出ていないため、もんもんとした日々を送っています。
ただ、結果がどう出るにせよ、主人にもまずは腸活を! と思いミヤリサンをすすめますが、 飲むのはいいが、なんと瓶を開けるのが面倒だそうです!
流石にそこまで世話をする気にもなれないので 食事にはこちらで気を使っていますが、少々呆れております。
ところでオリゴ糖ですが、 以前は私はカイテキオリゴをずっと飲んでいましたが、 今年の春くらいにずっと安価な長沢オリゴを知り、 今はそちらをヨーグルトに溶かして摂取しています。
難点は溶かさないと歯にくっついてくることですが、 溶かせば美味しくいただいてます。
オリゴ糖は、ショーシャンクさんおすすめのメーカーなどはありますか?

 

 

 

chochimiさん、こんにちは。

カイテキオリゴは、5種類のオリゴ糖から成っているようです。

ということは、フラクトオリゴ糖があまり入っていないことになります。

説明を見ても、酪酸菌のことは書かれてなく、ビフィズス菌ばかり書かれています。

 

長沢オリゴは、東大の名誉教授である本の著者が販売しているものですね。

調べてみると、原材料は?の質問に対し、『フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖です。』と答えています。

また、『工業的に作られたものですから、何(農畜産物等)から作られたかは分かりません。』と答えています。

 

これ、おかしくないですか?

本に書いてあることは、とにかくフラクトオリゴ糖だけが酪酸菌を増やすのだ、ということです。

ですから、フラクトオリゴ糖の純度の高いものを食べましょう、ということです。

それなのに、なぜ、ガラクトオリゴ糖を入れるのでしょう。

その分、フラクトオリゴ糖は少なくなっています。

また、何の農産物から作られたかわからない、とは、あまりにも無責任です。

そして、フラクトオリゴ糖だけでないにもかかわらず、非常に高価です。

本の著者の名前代が上乗せされているのでしょう。

260gで972円ですね。100gあたり373円です。

 

私が使っているのは、ニチガのフラクトオリゴ糖です。

ベルギー産天然チコリ由来です。

残留農薬検査済みです。

100gあたりフラクトオリゴ糖は97.5%含まれています。

つまり、純度が非常に高いです。

Amazonで簡単に買えます。

1kgで1890円。100gあたり189円です。

長沢オリゴの半値ですね。

 

ご主人が、ミヤリサンを飲まれないのであれば、フラクトオリゴ糖を料理に使えば、それだけで酪酸菌は増えます。

私も、整腸剤のミヤリサン、ビオスリー、新ビオフェルミンを飲んでいますが、そういう整腸剤よりもフラクトオリゴ糖を取ったほうがいいのではないかと思っているところです。

フラクトオリゴ糖は、熱にとても強いので、どんな料理でも使えます。

私は今のところ、ココアに入れて飲んでいます。

お湯にはよく溶けますのでおすすめです。

 

 

 

 

 id:chochimi  
ショーシャンクさん、丁寧なお返事をありがとうございます!
衝撃、そして目からウロコでした。
原材料を見る癖はあるのですが、 その先まで見ることが大事だったんですね、、、。
これはいろんなことに応用できますね。
長沢オリゴの原料について書いて頂いた文言を見つけました。
購入したネットのお店の質問では途中からは 端折られており、おおもとのHPへ行くと、原料が特定できない旨が書いてありました。
自分の体のために入れるものですから、 よくよく読んで検討しないといけませんね。
先程ニチガのフラクトオリゴ糖を早速買ってみました。
チコリは昔、爽健美茶のCMで知りましたが、 健康効果も高い植物なので原材料がこういうものだと安心できますね。
値段も今まで無駄遣いをしていたな、と思いましたが、 今日は聞いて良かったです(^^)!
この価格なら、料理にどんどん使っていけそうです。
改めてフラクトオリゴ糖を調べましたが、 今までの世間の認識はオリゴ糖=乳酸菌のエサでしたが、 全く違いますね。
いつも、本当にありがとうございますm(_ _)m

 

 

chochimiさん。

長沢オリゴは、東大名誉教授で本の著者である人が監修、販売しています。

普通に考えれば、最も信頼性があるもののはずです。

しかし、詳しい説明を読みますと、天然由来ではなく、完全に工業的に作られたものです。

フラクトオリゴ糖は砂糖に酵素でフラクトースを約10個つけて作った、とあります。

ガラクトオリゴ糖は乳糖に酵素でガラクトースを約10個つけて作った、とあります。

天然由来に比べ、工業的に作ったものは、製造原価がとても安くできます。

工業的に作ったという文言があるので、工業用砂糖をつかっているのでしょう。工業用砂糖は、廃糖蜜など捨てられるものからつくられていて安価です。

何種類かの廃糖蜜から作られている工業用砂糖を原料としているので、その元の農産物がわからないのでしょう。

 

また、フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖の2種類が入っていると書いてありますが、それぞれどのくらいの割合で入っているのか記載がありません。

どう考えても、博士の名前使用料分をぼったくっているとしか思えません。

わたしなら、同じ値段でも、あるいは逆に2倍しても、天然由来の方、そしてフラクトオリゴ糖だけのものを選びます。

それが、天然由来のものの2倍の値段取るとは、ちょっと酷すぎですね。

ただ、世の中にはこういうことは極めて多いです。

名前や見た目でだまされないように、気をつけていきましょう。

ときめかないものを捨てる

 id:notari1212  
ショーシャンクさん、こんにちは。
同じことを繰り返す毎日を過ごしていると、この日々が ずっと続くと思いがちですが、時は有限で、しかも残りは長くはありません。
自由に生きることは難しいですが、立ち止まって自身を見直す機会を持ちたいです。
多読の害については、今まさに考えていたことに似ていました。
書だけでなく、SNSでの発信、輪から外れないように続けるお付き合い。数々の”他人の歩み”に惑わされることなく、本当に自分にとって大切なものを見定める。
探求する・・・そうありたいです。
『仏陀の真意』の中の重い荷物を持つ男のお話とともにこちらのセネカの言葉も携帯のメモに入れました。
心に響く気付きをありがとうございました。

 

 

のたりさん、こんばんは。

こんまりさんという人がいます。

ときめかないものは捨てていくというようなメソッドだと思います。

これは大事な視点ですね。

人生の目標も、最もときめくものにすることが重要なのでしょう。

こんまりさんは、物の断捨離を言っているのでしょうけど、物も人間関係もすべてときめかないものを捨てていくのがいい生き方のような気がします。

時間もそのように配分するのがいいでしょうし、最も大事なのは、人生の目標をどこに置くか、ですね。

それが決まれば、それに沿って行けばいいのですから。

本もあまり多く読んでも意味ないですね。

くだらない本がほとんどですから。

映画もそうです。

本当にいいもの、本当に必要なものは極めて数が限られているのかもしれません。

大豆ミート

 id:RichmondBC  
ショーシャンクさん、おはようございます。
最近はショーシャンさん式のヨーグルトに「おからパウダー」も加えて食べています 我が家では大豆ミートが人気です。
マルコメのダイズラボ「大豆のお肉レトルトタイプ」とういう商品ですが、 今まではなんだそれ?と思っていましたが、美味しいです!
それに水で戻さなくてもいいのでとっても便利です。
水曜日はブロックタイプで酢豚。 木曜日はフィレタイプでチンジャオロースー。
昨晩はミンチタイプでキャベツと味噌炒め。
全部中華味で作りましたがとても美味しかったです。
低カロリー・低脂質・コレステロールなし・食物繊維も豊富なのでこれからも時々使っていく予定です。
一度試してみてもいいかと思います。

 

 

RichmondBC さん、こんばんは。

大豆の代替肉ですか。かなりはやりつつありますね。

ただ、私は、大豆製品は、きな粉、納豆、豆腐、高野豆腐、味噌、醤油と、かなり取るようにしていますから、これ以上取るのはバランス的に微妙です。

タンパク質は、大豆製品の他には、魚を増やしています。

あとは鶏肉で、牛肉は1か月に2回くらい、豚肉はほとんど食べないですね。

ハム、ウインナーの加工肉は全く食べません。

加工肉は大好きで、生ハムやウインナーは頻繁に食べていましたが、なにせ身体には悪すぎます。

大豆製品でのおすすめは高野豆腐です。魚の煮つけとか親子丼のようなものに合います。

栄養価は大豆製品でもかなり優秀です。スポンジのようで嫌いな人も多いとは思いますが、これから物価高になって家計が圧迫された時、高野豆腐はかなり脚光を浴びると思います。

大豆ミートは、美味しそうですね。

遺伝子組み換えとかは大丈夫でしょうか。大丈夫であれば、試してみたい気はします。

 

砂糖と違って

 ねこまる (180.199.78.139)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
ご紹介いただいた、フラクトオリゴ糖、早速毎日、ホットコーヒーに入れて飲んでいます。
最初は砂糖のような目分量で入れて飲みましたが、砂糖より甘さがすごく控えめに感じました。
食物繊維ということで、ついつい多く入れてしまいますが、 糖分ではあるので摂りすぎも注意とネットで見ましたので、少し葛藤しています(笑)
いつもの砂糖で感じる甘さより、少し控えめな甘さになるようにしてみます。
腸活のお話の最初の方で、ショーシャンクさんが「腸は第二の脳」と仰ってましたね。
ミヤリサン・ビオスリーで腸内に酪酸菌を宿し、フラクトオリゴ糖で酪酸菌を5倍にする、毎日のルーティーンになりました。
腸から健康になっている気がして、毎日ワクワクしています。
貴重な情報、いつもありがとうございます!

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

フラクトオリゴ糖は、砂糖と違って、大腸まで消化吸収されることがないですから、血糖値が急激に上がりません。

また、砂糖の3分の1の甘さでしかありません。

ですから、身体の健康には極めて優秀な『甘味』です。

私は今まで、糖尿病になった多くの人を見てきました。

ヤクルトを毎日飲んでなった人、リポビタンDを毎日飲んでなった人、果物ジュースを飲んでなった人、缶コーヒーを毎日5缶飲んでなった人、昼食に菓子パン食べてなった人・・・・

どれもこれも、角砂糖何個分かの砂糖が入っています。

私は、遺伝的にも体質的にも糖尿病体質ではないですが、砂糖は一切口にしません。

砂糖の怖ろしさはヨガの先生から聞いてわかっていますから。

その私が、フラクトオリゴ糖はかなり積極的に取っています。

結局、砂糖特に白砂糖は、血糖値を急激に上げてしまうので身体に悪いのです。

その点、大腸に届いて酪酸菌に分解してもらうまでは身体に吸収されない食物繊維であるフラクトオリゴ糖は、素晴らしいと思っています。

私はコーヒーはブラックが好きなので、ココアに入れて飲んでます。

これからの季節は、砂糖代わりにぜんざいに入れて作ってみるのも面白いかもしれません。まだ試してないですが。

 

 

乳酸菌と酪酸菌

 id:notari1212  
ショーシャンクさん、こんばんは。 腸活についての新しいお話と動画をありがとうございました。
腸活として、ごぼうと玉ねぎの他、レジスタントスターチが含まれるというバナナ、R1も取り入れていました。
レジスタントスターチは酪酸菌を増やすには効果は望めない、乳酸菌には身体に良いというエビデンスがないと知り驚きました。
良質のフラクトオリゴ糖も腸活に取り入れたいと思います。
 
 
 龍 (133.32.179.64)  
大変勉強になります!
腸活はより良い生活になる基礎ですから、R1のヨーグルトで満足していた事を改めて、いろいろ試していこうと思います。
ピロリ菌の除菌には抗菌薬だけでなく、乳酸菌も加えて服用すると除菌効果が高まる。 ぬか漬けを作っている職人などでは肌がきれいである。
肌荒れの原因の一つに常在細菌の乱れも要因の一つである。
→体の中から外まで細菌をうまくコントロールできれば良いですね。
 
1日1食で腸を休めるのもやはり良いのですね。
ただ、タンパク質は定期的にこまめに取ったほうが良いというのもあるらしくその辺のバランスが難しいです。
丁寧に質問答えて下さりありがとうございます。

 

 

 

いままで、腸活と言えば乳酸菌でした。

私も、乳酸菌をいろいろ試してきました。

いつも乳酸菌のヒット商品が生まれ続けています。

いまは、ヤクルト1000でしょうか。

ただ、ヤクルトにしてもR1の飲むタイプにしても、美味しくしないと売れないため、糖分がたっぷり入っています。

ヤクルトを飲み続けて、糖尿病になりかかった人がいます。

乳酸菌のほとんどは胃酸で死んでしまいます。

生きたまま腸に届くというふれこみは多いですが、どのくらいの数が腸に届くかは書いていません。

乳酸菌は死菌でも乳酸菌の餌になるから効果があるとは言いますが。

酪酸菌は胃酸にも酵素にも強く、ほとんどが生きたまま大腸に届きます。

 

乳酸菌は、乳酸を産生します。

酪酸菌は、酪酸を産生します。

ですから、乳酸と酪酸のどちらがより効果的か、ということになります。

これから、酪酸菌は非常に注目を集めていくはずです。

 

 

腸活の決定版

 
 
 
 
 龍 (133.32.179.64)  
ご無沙汰してます。龍です。
東大の博士が乳酸菌についてそのような事を言ってたのですか。
けっこう衝撃です。
私はR1を2年前ぐらいからほぼ毎日飲んでいるのですが。。。
おかげで風邪を引きにくい体質になったと思ってました。
気になってたのが、1日1食食べる事で腸を休める時間を長くするというのが小さなブーム?になっているとか。
寝る前3時間は食べない方が良いというのは分かるのですが、1食は極端な気がしてます。
どう思われますか?

 

 

龍さん、お久しぶりです!

今まで、腸活についていろいろ実践してきました。

1日1食は私はいいと思っています。

何故かと言えば、仏陀は、1日1食だったからです。

たぶん今もインドの衛生状態は酷いでしょうけど、2500年前のインドなんて、とんでもない衛生状態だったと思います。

その極悪の衛生環境で、80年も長生きしたのが仏陀です。

仏陀は1日1食、午前中だけしか食事は取りませんでした。

ということは、人は1日1食でも長生きできると言うことです。

私は、腸活を中心に考えていますので、朝は甘酒コップ1杯。昼は、ヨーグルトに純ココア、黒豆きな粉、黒ごま、フラクトオリゴ糖、冷凍ブルーベリーを入れて食べるだけです。

夕食は何を食べてもいいことにしています。

ですから、実質的には、1日2食か1食半みたいなものです。

もし、1日1食をするなら、仏陀のように午前中に1食だけというスタイルがいいと思います。

さて、乳酸菌が身体にいいというエビデンスはないというのは、上に貼った動画で知ったことです。

この本の著者は、東大の微生物博士で世界的に有名らしいのですが、ここまで極論は、後で間違っていることも多いですから、話半分に聞いています。

私は毎日、納豆もヨーグルトも食べています。

ヨーグルトは、それ自体が身体にいいからではなくて、純ココア、きな粉、黒ごまを大量に取るにはヨーグルトが最高だからです。

他の料理法では、ごまやきな粉を大量に取ることができません。

もちろんまだ、整腸剤のミヤリサンやビオスリーや新ビオフェルミンは毎日飲んでいます。

少なくとも、乳酸菌は酪酸菌にプラスにはなると思っていますので、これからも取ります。

ただ、この動画の中の本では、酪酸菌そしてフラクトオリゴ糖が繰り返し強調されていますし、確かに納得もできますので、いまは、フラクトオリゴ糖をメインに考えています。

しかし、この本の著者はフラクトオリゴ糖を販売していますし、その宣伝の部分もあると思いますので、話半分で聞くのが一番でしょう。

フラクトオリゴ糖

 id:notari1212  
ショーシャンクさん、こんにちは。
腸活のお話を伺いましてから、季節も進み 朝晩は冷え込むようになってきました。
娘共々、ミヤリサンとおすすめのヨーグルトを続けています。
栄養状態の悪い娘ですが、例年は夏に食欲が落ち、栄養状態の数値も落ち込むのですが、病院で調べましたら、今回は良い結果が出てきました。
まだまだ治療は継続ですが、快方に一歩を踏み出せたようで喜んでいます。
生活での変化点は腸活のみですから、腸活のおかげさまと思います。
本当にありがとうございました。
 
 
のたりさん、こんにちは。
お返事遅れました。
最近も腸活をいろいろ調べるうちに、詳しいことがわかってきました。
なぜ、水溶性の食物繊維が必要なのか、もわかってきました。
他の栄養分は、結局大腸に届くまでに消化吸収されてしまうからなのですね。
ですから、大腸内の細菌の餌にはならないようです。
大腸まで吸収されずに届くのは食物繊維だけと言うことのようです。
不溶性食物繊維は、大腸内の細菌でも分解できないので、そのまま外に出るようです。
ですから、水溶性食物繊維が重要と言うことです。
そして、フラクトオリゴ糖が、最も酪酸菌を増やすことがわかってきました。
フラクトオリゴ糖も食物繊維です。
整腸剤で酪酸菌を取り込むよりも、すでに腸内にいる酪酸菌を増やす方法として、フラクトオリゴ糖が最も効果的ということのようです。
 
また、東大の細菌博士という医師の本によれば、乳酸菌には身体にいいというエビデンスがない、とのこと。
これは衝撃的でした。
 
このすべてを信じているわけではありませんが、
腸内細菌の中では、とにかく酪酸菌。
そして酪酸菌を増やすには、とにかくフラクトオリゴ糖。
いまは、このような考えを中心にしています。
 
 
 

セネカの言葉

ネットにセネカのことが出ていましたので、載せます。

確かにこの通りですね。

くだらない人間関係をすべて断ち切り、多くの仕事をやめて、本当に人生でやりたいことだけにいま集中しないと何にもならないですね。

人生を考え直す、いい記事でした。

 

※※※※※

後悔のない人生を過ごすには、なにが重要なのか。

元『新潮』編集長で民俗研究者の前田速夫さんは「古代ローマの哲学者セネカは、『何かに忙殺されている人間のいまだ稚拙な精神は、不意に老年に襲われる。何の準備もなく、何の装備もないまま、老年に至るのである』と論じている。

この忠告を忘れてはいけない」という――。

※本稿は、前田速夫『老年の読書』(新潮選書)の一部を再編集したものです。

古代ローマの哲人セネカの人生観

ローマの哲人にして文人政治家、セネカ(前4~後1―65)の場合はどうか。

彼は同じ古代ローマの雄弁家、文人政治家、哲学者であるキケロ(前106―前43)没後の帝政時代初期、カリギュラ帝、ネロ帝が君臨した剣呑な時代を生きた。

身辺の波瀾(はらん)万丈は、キケロ以上だったかもしれない。

生まれは、スペインのコルドバ。

少年時代にローマに出て、弁論術を学んだ。財務官の地位を得て元老院入りし、法廷での弁論で名声を博するまでは、キケロと同じジグザグの道を歩み、カリギュラの逆鱗(げきりん)に触れることがあって、この時は帝の愛人のとりなしで危うく死を免れた。

次のクラウディウス帝の時代は、陰謀でコルシカ島に流され、8年後に呼び戻されてネロの教育係となり、彼が帝位につくと生涯の絶頂をきわめ、最後はそのネロの犠牲となって自死を命じられる。

「諸君は哲学の教えを忘れたのか。不慮の災難に備えて、あれほど長いあいだ考えぬいた決意はどこへ行ったのか。ネロの残忍な性格を知らなかったとでもいうのか。母を弑し、弟を討ったら、師傅(しふ)を殺す以外に何も残っていないではないか」

これは、歴史家のタキトゥスが著した『年代記』(上下、国原吉之助訳、岩波文庫、1981年)に載るセネカの言葉だが、このあと彼が妻の願いを容れて2人ともに自害するときの模様は、次のように書き留められている。

二人は同時に、小刀で腕の血管を切り開いて、血を流した。セネカは相当年をとっていたし、節食のため痩せてもいたので、血の出方が悪かった。そこでさらに足首と膝の血管も切る。激しい苦痛に、精魂もしだいにつきはてる。セネカは自分がもだえ苦しむので、妻の意志がくじけるのではないかと恐れ、一方自分も妻の苦悶のさまを見て、今にも自制力を失いそうになり、妻を説得して別室に引きとらせた。最期の瞬間に臨んでも、語りたい思想がこんこんと湧いてくる。そこでセネカは写字生を呼びつけ、その大部分を口述させた。

「何かに忙殺される人間には何事も立派に遂行できない」

セネカの著書は、岩波書店から全6巻の『セネカ哲学全集』(倫理論集、自然論集、倫理書簡集)が出ていて、うち倫理論集の主なものを順に並べると、『摂理について』『賢者の恒心について』『怒りについて』『幸福な生について』『閑暇について』『心の平静について』『生の短さについて』『寛恕について』『恩恵について』となる。

『生の短さについて』(大西英文訳『生の短さについて他二篇』、岩波文庫、2010年)は、50歳のセネカが、当時の食糧長官パウリーヌスに向けて忠言を与えたもの。いくつか抜き書きすると、こうだ。

われわれの享(う)ける生が短いのではなく、われわれ自身が生を短くするのであり、われわれは生に欠乏しているのではなく、生を蕩尽(とうじん)する、それが真相なのだ。

多くの人間がこう語るのを耳にするであろう、「五十歳になったあとは閑居(かんきょ)し、六十歳になったら公(おおやけ)の務めに別れを告げるつもりだ」と。

だが、いったい、その年齢より長生きすることを請け合ってくれるいかなる保証を得たというのであろう。(中略)

生を終えねばならないときに至って生を始めようとは、何と遅蒔(おそま)きなこと。

自分は「半ば自由、半ば囚われの身」とキケローは言った。

しかし、言うまでもなく、賢者なら、これほど卑屈な名でみずからを形容するようなことはしない。

何かに忙殺される人間には何事も立派に遂行できないという事実は、誰しも認めるところなのである。

雄弁しかり、自由人にふさわしい諸学芸もまたしかり。

諸々(もろもろ)の事柄に関心を奪われて散漫になった精神は、何事も心の深くには受け入れられず、いわばむりやり口に押し込まれた食べ物のように吐き戻してしまうからである。

『より善く生きようとして、なおさらせわしなく何かに忙殺される』

職務に追われ、多忙な生活に追われて、人生を短くしている愚。

しかし、それ以上に愚かなのは、あれをしなくては、これをしなくてはと、自分から心を忙しくしていることなのだ。

セネカは他の場所で、ローマ皇帝のアウグストゥスさえもが、国務をはじめ、おのれの地位や権力を保持するための活動より、「いつかは必ず自分のために、自分とともに生きる閑暇を得ること」を、人生最大の幸福としていたと記している。

そして、老いや死についてはこう述べる。

生きる術(すべ)は生涯をかけて学び取らねばならないものであり、また、こう言えばさらに怪訝(けげん)に思うかもしれないが、死ぬ術は生涯をかけて学び取らねばならないものなのである。

誰もが現在あるものに倦怠感(けんたいかん)を覚えて生を先へ先へと急がせ、未来への憧(あこが)れにあくせくするのである。

だが、時間を残らず自分の用のためにだけ使い、一日一日を、あたかもそれが最後の日ででもあるかのようにして管理する者は、明日を待ち望むこともなく、明日を恐れることもない。

それゆえ、誰かが白髪であるからといって、あるいは顔に皺(しわ)があるからといって、その人が長生きしたと考える理由はない。

彼は長く生きたのではなく、長くいただけのことなのだ。

人は、より善く生きようとして、なおさらせわしなく何かに忙殺される。生の犠牲の上に生を築こうとするのだ。

何かに忙殺されている人間のいまだ稚拙(ちせつ)な精神は、不意に老年に襲われる。

何の準備もなく、何の装備もないまま、老年に至るのである。

われわれが起き伏し、同じ歩調でたどる生のこの旅路、やむことなく続き、矢のごとく過ぎ行くこの旅路は、何かに忙殺される者には、終着点に至るまで、その姿を現さない。

過去を忘れ、今をなおざりにし、未来を恐れる者たちの生涯は、きわめて短く、不安に満ちたものである。

終焉(しゅうえん)が近づいたとき、彼らは、哀れにも、自分がなすところなく、これほど長いあいだ何かに忙殺されてきたことを悟るが、時すでに遅しである。

彼らは、忙殺されていた何かに見離される時がいつかやって来れば、閑暇(かんか)の中に取り残されて狼狽(ろうばい)し、その閑暇をどう処理してよいのか、その閑暇をどう引き延ばせばよいのか、途方に暮れるのである。

他人のために生きるほど惨めな人生はない

あとは、結論部を引くだけでいいだろう。

親愛なるパウリーヌス、そういうわけだから、俗衆から離れるがよい。そうして、その年齢にはそぐわないほど多くの出来事に翻弄(ほんろう)されてきた君も、ようやく静謐(せいひつ)の港に帰りつくがよい。

考えてみたまえ、君はどれほど多くの激浪に遭遇したことか。

私人としての生活の中で、どれほど多くの嵐に耐え、公人としての生活の中で、どれほど多くの嵐を招来したことであろう。

たゆみない労苦に満ちた試練を克服してきたことで、今や君の徳性は十二分に実証されている。

その徳性が閑暇の中でどのような働きをするか、試してみることだ。君の人生の大半が、いや、少なくともその最良の時期が国家に捧げられた。

君のその時間の幾許(いくばく)かを君自身のためにも使いたまえ。(中略)

何かに忙殺される者たちの置かれた状況は皆、惨(みじ)めなものであるが、とりわけ惨めなのは、自分のものでは決してない、他人の営々とした役務のためにあくせくさせられる者、他人の眠りに合わせて眠り、他人の歩みに合わせて歩きまわり、愛憎という何よりも自由なはずの情動でさえ他人の言いなりにする者である。

そのような者は、自分の生がいかに短いかを知りたければ、自分の生のどれだけの部分が自分のものであるかを考えてみればよいのである。

ぼろぼろになって働き、ようやく自由を得たと思ったら人生の終点

パウリーヌスのように、食糧長官といった立派な職や地位についていたわけではないけれど、会社生活の大半をひたすら他人のために尽くしてきた私たちだから、一つ一つ骨身に染みてこたえる。

けれど、だからといってほかにどうできたというのか。

私の場合は、60歳定年で自動的に職務からは解放されたが、現在では一般に65歳になっても、70歳になっても、働かざるをえないし、働かされるのが実情で、仕事があるので恵まれているどころの話ではない。

ぼろぼろになるまでこき使われ、ようやく自由になると、目の前は終点である。

つまり、自分からいよいよ人生を短くしているだけのことなのだ。

結論部でセネカが後輩のパウリーヌスに対し、すぐにも職を辞して、自然や無限の神秘についての研究に入ることをすすめているのは、ストア派哲学の泰斗でもあった彼ならでは。

この派の代表には奴隷出身の解放自由民エピクテトス、陣中で『自省録』を著わしたローマ皇帝のマルクス・アウレリウスらがいて、全盛期を迎えようとしていた。

もう一方のエピクロス派の実践が、人生の「快」を追求する快楽主義だったのに対して、ストア派は普遍妥当な理性を堅持する禁欲主義を唱道した。

この派は学祖ゼノンにならって、自殺を人間として己を克服する、あるべき選択の一つとして認めており、セネカの場合もそれに従ったものとみえる。

同時代、ローマには民衆のあいだにキリスト教が広まり始めていた。こちらは断じて自殺を許さないから、相違が際立つ。

『立ち止まってじっくり自分との時間を過ごす』

ちなみに、このセネカは『生の短さについて』以外の著作でも、老年や死についてさまざまな箴言を残しているが、ルーキーリウスへ宛てた『倫理書簡集』の冒頭近くでは、「一時間たりとも無駄に費やさぬこと」と書いたそのすぐあとで、多読の害を戒めてこう忠告している。

乱れのない精神を示す第一の証左は、立ち止まってじっくり自分との時間を過ごせることだと思う。

だが、気をつけたまえ。

君のようにたくさんの作家やあらゆる分野の書物を読んでいると、あてどなく不安定な面も生じかねないからね。

これと見定めた才能豊かな作家に時間をかけて自分の肥やしとすべきだよ、もし変わることなく心に残るものを引き出したいと思うならね。

どこにでもいるということは、どこにもいないということだ。

(高橋宏幸訳『セネカ哲学全集5』、岩波書店、2005年)

 

私たちも、この忠告を忘れないでおこう。

※※※※※

 

 

 

 いっとく (153.194.97.0)  
ショーシャンクさん、こんばんは。
非常に身につまされるかつ危機感を再燃してくれる記事でした。
セネカの言葉、掲載して下さってありがとうございます。
早速、今自分のためにできることとして以下の内容をデスクに貼りました。
 
・何かに忙殺される人間には何事も立派に遂行できない
・より善く生きようとして、なおさらせわしなく何かに忙殺される
・他人のために生きるほど惨めな人生はない
・ぼろぼろになって働き、ようやく自由を得たと思ったら人生の終点
・立ち止まってじっくり自分との時間を過ごす
 
目に入る度にしっかり噛み締めて行動を変える一歩とします。
いつもありがとうございます。
 
 
いっとくさん、こんにちは。
私も非常に身につまされました。
私も、あまりにも多くのことに興味がありすぎて、限られた時間、限られた能力をあちこちに使ってしまっています。
本当は私にはすべてを捨てて出家して、という生き方がいいのでしょう。
ただ、今の日本の出家などは、ただのなんちゃって出家ですから意味はありません。
僧侶と言う仕事に変わっただけで、雑事に時間を取られることに全く変わりはありません。
仙人みたいな隠遁生活に憧れます。
『すぐにも職を辞して、自然や無限の神秘についての研究に入ることをすすめている』と言う言葉は重く響きます。
現在は、あまりにもくだらない雑事ばかりしていますね。
ここらで考え直さねば、と考えているところです。
 
 
 
 owl22 (60.98.32.128)  
ショーシャンクさん、おはようございます。
凄い言葉のパンチですね。紀元前の言葉が、今を生きている私にもグサッ、グサッと刺さってきました。
言葉って本当に残るから素敵!と感激です。究極の断捨離、目がはっと覚めてきました。ショーシャンクさん、パソコンの調子が悪くて、グダグダ選択していたのですが、無駄な時間なので、さっさと決めてきます。
(この投稿にも30分以上かかっていた。。。)
ありがとうございます。
 
 
 
owlさん、おはようございます。
この言葉は本当に胸に突き刺さりますね。
『諸々の事柄に関心を奪われて散漫になった精神は、何事も心の深くには受け入れられず、いわばむりやり口に押し込まれた食べ物のように吐き戻してしまう』と言う言葉は、私のためにあるような言葉です。
あまりにも数多くのことに関心を奪われて散漫になってしまっています。
国際情勢とか、社会情勢とか経済情勢とか。
仕事とか、リアルな社会生活での相談事とか。
首を突っ込みすぎると、精神が散漫になりきってしまいますね。
 
『すぐにも職を辞して、自然や無限の神秘についての研究に入ることをすすめている』
早く実現させたいです。
 

苦情を言わせないことが

 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
本日、弁護士事務所に正式に依頼しに行きました。
が、私たちの方針について、かなり厳しいお言葉をいただいたので、 正式依頼は保留にしました。。
 
・外壁を金属の棒で突かれたのは2018年11月であり、時効により、修繕費用は請求できない
 
・仮に、損害賠償や慰謝料を請求せず、示談で確認書を締結するにしても、  下記のうち、①④を書くのは非常に厳しい。  ④は未来のことであり、①④で相手が同意しない可能性が高い。   
①今までの苦情は行き過ぎで。不適切だったことを認める。   
②今後はしないことを約束する。   
③今回のことを近所の人たちや知り合いに話したり、こちらの悪口を一切言わない。  ④今後、受忍限度内の生活音で苦情を言った場合、または、こちらの悪口を言った場合には、訴訟を起こされて損害賠償を請求されても、異議ないことを認める。
 
その他、「優位的立場による社会的いじめについて、マスコミや近隣大学に公に問題提起すること」についても、SNSで発信するのと同様、「自力救済」に該当し、こちらが加害者となるのでNGということです。
(実際にするつもりなくても、示談の中で相手に言うのもNGということでした)
今年の8月の相手の苦情により、心身を病んで休職したことについても、 因果関係を証明するのが難しいということでした。
かなりショックな内容でした。。
 
 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、連投申し訳ありません。
現在、弁護士の先生に、どういうストーリーで戦えそうか、考えていただいてます
私としても、自分の方針に沿って、証拠をさらに用意できないか、検討していきます。
また困った時は相談に乗ってください。
いつもありがとうございます!
 
 
 
ねこまるさん、こんばんは。
やはり、弁護士も、法律相談で話している内容と、いざ本当に訴訟を受ける段になっての発言はかなり変わってきていますね。
受けるときにはよりシビアにくぎを刺すということでしょう。
 
前に書きましたように、実際の交渉は極めてシビアです。
ですから、金銭をともなわない確認書の締結だけでもできれば現実社会では大大成功と書きました。
 
しかしながら、もし①~④で、②と③は認める可能性があるのであれば、②と③だけでも、確認書締結に向かうようにしたらいいと思われます。
それが、訴訟か民事調停か、通常の話し合い(弁護士を仲に立てての交渉)かは、また弁護士と話し合ってみてください。
 
要は、執拗な苦情を言わさないようにするということが主眼ですから、②だけでも書面にできたら成功と言えると思いますが。
 
 
 
 ねこまる (180.199.78.139)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
続きは、談話室でお話させてください。
(私から返信の投稿をさせていただきます)
よろしくお願いいたします。
 
 
ねこまるさん、こんにちは。
そうですね。
わかりました。
談話室であれば、パスワードかかっていますから、いいですね。
 
 

騒音問題は

 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
まだ相談室は開設されてないと思いますので、 こちらで質問していいでしょうか?
例のお隣さんの件で、私たちと反対側のお隣さんに、話を伺ったところ、 そちらも苦情を言われたことがあるそうです。 (私たちより後に中古でご購入された)
・入居時のリフォーム工事中、業者の清掃で、「自分の家に汚れが付いた」と金品を要求
・入居後にケルヒャー(高圧洗浄機)で清掃中に、「うるさい」と苦情を言われた
 
そこで、前回アドバイスいただいた確認書について、 逆に、「受忍限度(参考指標60デシベル)を超えるもの」については、 引き続き苦情を言ってきても問題なし、となってしまうでしょうか?
(夏に子どもや友達と庭でプールやBBQをすると、どうしても超えてしまう)
一切なめられないように、毅然とした態度で、 「裁判で徹底的に争います」の姿勢で臨み、 「マスコミや近隣大学など公に問題提起する」という圧力をかけようと思います。

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

まず、押さえておくべきことは、騒音問題の場合、騒音を出した人より騒音を受けた人の方が圧倒的に不利だと言うことです。

 

例えば、隣の家の人が受忍限度を超える騒音を出しているとして裁判を起こした場合、それを立証する義務があるのは訴えを起こした人です。

それを立証するのは録音だけでは無理です。騒音計が必要となります。

そして、たまたま受忍限度を超える音を出したからと言っても、継続的に出してないのであれば、裁判所も相手にしないでしょう。

もっと言えば、引き受ける弁護士がいないでしょう。

ときたま、バーベキューをしたり子供が遊んだりする程度では、騒音として裁判所に認められることはありません。

 

ですから、確認書だけでも、相手が執拗な苦情を言ってくることは止められるでしょうし、かりに『バーベキューで受忍限度を超えていた』と言ってきたとしても、『受忍限度は超えてないですよ。みなにはつたえてありましたし、最大限気を使っていましたから。もし受忍限度を超えているというのであれば、証拠をそろえて裁判されたらいい。』と突っぱねればいいだけです。

 

もちろん、最初から、執拗な苦情がいじめで不法行為だとする裁判をしたいというのであればそれもいいでしょう。

段取りとしては

 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、ご解説ありがとうございます。
全体の流れがよく理解できました。
何も理解できていないと、確認書締結⇒損害賠償請求とか言って、 私の弁護士の先生まで、「え・・・」とさせるところでした。
私が以前投稿しました、
「①内容証明送付」
「②円満解決(和解)」
「③損害賠償請求」
のうち、 確認書締結が②ですね!
(弁護士の先生は公正証書と仰ってました)
 
戦法としては、①のみか、①②か、①③の3つですね。
 
>私は、裁判のことはよく知っているので、裁判で勝つには、確固とした証拠と因果関係の立証が必要だということも知悉しているので、裁判にしても内容証明にしても、交渉の駆け引きの道具とすることが多いです。
⇒この「確固とした証拠と因果関係の立証が必要」というところが難しいんですね・・・  
仰るように、交渉の駆け引きとした方が、今後の生活においても有利に進めそうです。
実際、弁護士の先生からも、「仮に損害賠償請求で裁判で勝てたとしても、要求通りに貰えることはほぼなく、弁護士費用の方が嵩み、当人が赤字になるケース多いです」と仰ってました。
確認書締結と、示談金(和解金?)で考えていこうと思います。
ありがとうございました!
 
 
 
ねこまるさん。
>戦法としては、①のみか、①②か、①③の3つですね。
いえ、①のみ、つまり内容証明のみで終わることはありません。
内容証明はいわば宣戦布告ですから、宣戦布告だけして終わることはないのです。
内容証明を送り付けて、相手が無視したら、裁判です。
内容証明を送り付けて、相手が『話し合いたい』といえば、話し合いになります。
話し合いが決裂すれば裁判です。
話し合いがまとまれば確認書の締結です。
 
>(弁護士の先生は公正証書と仰ってました)
公正証書作成とはハードル高いですね。
私は数日前も公正証書作成しましたが、それはあくまでも事業用借地契約の要件であり、相手の地主さんが望んだから作成しました。
私は今まで、敵対した相手方と、確認書(名称は覚書でも和解書でもなんでもいいのですが)の公正証書は作ったことがありません。
公正証書の裏付けがあればもちろんいいに決まっていますが、相手が承諾するかどうかです。
交渉して見ればわかりますが、覚書に押印まではできる可能性がありますが、それ以上の公正証書となると渋る人が多いでしょう。
 
 
>確認書締結と、示談金(和解金?)で考えていこうと思います
 
これも実際の交渉を体験すれば分かると思いますが、確認書の締結だけで現実社会としては大大成功です。
話し合いで示談金は一気にハードルが高くなります。
確認書を承諾まではスムースに行けたとしてもお金の話が出たとたん、相手が態度を硬化させておじゃんになる、というケースも多いことです。
弁護士とよく相談しながら交渉してください。
私の考えでは、和解金をどうしても取りたいのであれば、裁判するしかないと思います。弁護士がどのように考えているか聞いてみてください。
 
いずれにせよ、弁護士から内容証明を送り付けることからになります。
相手が大学教授であり、弁護士の知り合いもいるでしょうから、相手も弁護士を立ててくる可能性が高いです。
弁護士同士が話し合って、裁判なしで確認書を締結することが理想です。
 
その前段階として、まだ話し合える関係にあるのであれば、『この話し合いが成立しなければ弁護士を立てて裁判するしかなくなる』と言って話し合いに持ち込むことを考えましたが、その段階は過ぎているということですから、まずは弁護士から内容証明を送ることとなりますね。
 
 
 
 ねこまる (180.196.178.203)  
 
ショーシャンクさん、おはようございます。
①内容証明送付→(話し合いに応じた場合)
②話し合い→(合意した場合)確認書締結で終了        ↓                  ↓        ↓                  →(合意しなかった場合)③裁判        ↓        →(話し合いに応じなかった場合)③裁判 ですね。
 
>交渉して見ればわかりますが、覚書に押印まではできる可能性がありますが、それ以上の公正証書となると渋る人が多いでしょう。
 
相手に約束を守らせ、破った場合に、裁判で有利になるためであれば、 公正証書でなくても確認書でもいいかと思いましたので、そこはまた弁護士の先生に相談してみます。
 
>これも実際の交渉を体験すれば分かると思いますが、確認書の締結だけで現実社会としては大大成功です。 話し合いで示談金は一気にハードルが高くなります。確認書を承諾まではスムースに行けたとしてもお金の話が出たとたん、相手が態度を硬化させておじゃんになる、というケースも多いことです。弁護士とよく相談しながら交渉してください。私の考えでは、和解金をどうしても取りたいのであれば、裁判するしかないと思います。弁護士がどのように考えているか聞いてみてください
 
ありがとうございます。 私としては、4年前金属の棒で壁を突かれ、私の家の外壁に傷(欠けてる)があり、証拠写真もあるので、そこのそこの修繕費用を示談金として請求しようと思います。
これは至極真っ当な主張だと思いますので。
この4年間の苦痛に対する慰謝料、今回私が働けなくなり休職に至った件についての損害賠償は、 弁護士の先生に相談しようと思います。
 
1点ご質問ですが、この争っている状況を、相手ご主人の大学の学長宛に知らせるのは、 名誉毀損になりますでしょうか?
名誉毀損にならずとも、職場に知れ渡ることで開き直り、 弁護士をつけて徹底的に迎え撃つ体制に出るかなと予想しています。
 
 
 
 
 
ねこまるさん
 
>この争っている状況を、相手ご主人の大学の学長宛に知らせるのは、 名誉毀損になりますでしょうか?
 
最終判断としては名誉棄損まではならないと思っていますが、『勤務先と何の関係があるんだ?名誉棄損ではないか。訴えてやる。』というようなことは言ってくると思います。
あからさまに書面を勤務先に送り付けたりすることはやめた方がいいと思います。
上手に匂わすくらいが最も効果的です。
『(古くから住んでいる、大学教授と言う社会的地位がある、などの優越的立場により)受忍限度内の生活音に執拗な苦情を言うのは社会的ないじめです。このようなことは許されるべきではないと考え、マスコミなどの公にも問題提起するつもりです。あるいは各大学とかにも。』というような匂わしは有効だと思います。
 
 

このような書面を

 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、こんばんわ。
まだ、実際に署名活動をするかは決め兼ねていますが、 お願い状を思いのままに作成しました。
署名いただく皆様に読んでいただくため、 お願い状としては、かなり論点がずれてしまっているかもしれません。
読んで、ご意見をいただければ幸いです。
(個人情報があるので、伏せていただけると助かります)
よろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------以下、略
 
 ねこまる (180.196.178.203)  
すいません。 一部修正しました。
------------------------------------------- 以下、略
 

 

 

ねこまるさん、こんにちは。

ご自分のことを陳述するスタイルであれば、ご近所と人たちとの連名によるお願い状ではないほうがいいですね。

同じような苦情被害に遭った人たちの署名によるお願い状にするのであれば、それらに共通する要素(通常の生活音にもかかわらず執拗に苦情など嫌がらせされた、など)を書いて、連名で出す形になります。

もし、今回、ねこまるさんが書かれたような、今までのご自分のいきさつを書くのであれば、弁護士からの内容証明という形で、書かれた文章そのままで、その後に、東京地裁の判決などを例にして名誉棄損による精神的ダメージ認定や損害賠償請求ができることを示すのがいいでしょう。

法的措置を取るつもりであること、近所の人たちにも同じように苦しんできた人たちがいて賛同いただいていること、社会的に許されるものではないのでマスコミなどを通じて社会に訴えることも検討していること、などを付け足して書くことが重要です。

そして、裁判をした場合、裁判所が認める受忍限度は、ねこまるさんが出した生活音よりはるかに大きな音であることになりますので、その判断がなされたときはその裁判所判断によって受忍限度内で生活音を出すことになるということを書きたいですね。

その場合は、いままでよりはるかに大きな音となりますが裁判所の認めた受忍限度でああり、それによって苦情を言われた場合は明らかな不法行為として訴えることになることも付け加えたいです。

ここは、弁護士とよく話し合って内容を決めてください。

わたしなら、上に書いたことすべてを盛り込んで送りつけます。

 

 

 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、連投申し訳ございません。
ご近所さんに話していく中で、 「(証拠があっても)信じられない(あの人がそんなことをするわけがない)」とか、「あの人のメンタルが心配(理由があるはず)」、「地域の輪を乱さないでほしい(敵味方を作らないでほしい)」という意見をいただき、 そこからご近所に広めるのはやめました。
幸い相手方に情報が漏れることはなかったです。
こういういじめがあっても、見て見ぬふりをする人がいて、少し悲しくなりました。それでも、今までは私たち夫婦だけだったので、1人でも味方がいてうれしく思います。
現在は、相手に過去に嫌な思いをされた5名とグループLINEを作り、日々の情報交換をしています。 今後は、内容証明郵便を送付後に、相手が接触を図ってきたら(裁判するな、謝罪、)、どのように対応すればいいでしょうか?
到底許すつもりはなく、③損害賠償請求で徹底的に戦おうと思いますが、 今後に不利になるような行動は避けたいと思います。
 
 
内容証明を出す以上、こちらとしては戦闘態勢です。
内容証明を送り付けた後、相手が『話し合いたい』と言ってきたら、
話し合いをしてください。
その席で、
①今までの苦情は行き過ぎで不適切だったことを認める
②今後はしないと約束する
③今回のことを近所の人たちや知り合いに話したりこちらの悪口を一切言わない
④今後、受忍限度内の生活音で苦情を言った場合、または、こちらの悪口を言った場合には、訴訟を起こされて損害賠償を請求されても異議ないことを確認する
⑤以上、4項目を書面にして、確認書として両者が押印する。
 
そして、その確認書を作成しお互い押印すればいいでしょう。
このあたりを私なら落としどころとします。
隣の奥さんは、性格的に見て、これ以降も陰口を言いそうです。
その場合、この確認書をもとに訴訟をすれば、何もない状態で訴訟するより、ずっと有利です。
なにせ、相手が自分の非を認めているのですから。
決定的な証拠になります。
ですから、この確認書締結までいけばしめたものだと考えます。
 
 
 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、ありがとうございます。
仰るように、隣の奥さんは、これからも陰口を言いそうです。
子ども達が来年以降、小学校に入学するので、このアドバイスは大変助かります。
もし訴訟で損害賠償請求などをする場合は、 相手が「話し合いたい」と言っても応じず、裁判の準備を進めるのでしょうか?
(損害賠償請求をする場合でも、この話し合いで約束(確認書締結)は今後のために重要かと思いました)
弁護士の先生からは、 「この4年間の件でストレスにより仕事できなくなった」と損害賠償請求することが可能と伺っています。
どういうフローが組めるのか知りたいです。
 
①話し合い⇒確認書締結⇒?
②話し合い応じず⇒損害賠償請求⇒?
 
質問ばかりで申し訳ありません。
 
 
相手が話し合いをしたいと言った場合は、つまり裁判を起こされるのが怖くて、そうしない方法を話し合いたい、ということです。
もし、ねこまるさんが、どうしても、裁判を起こしたい、損害賠償を請求したいというのであれば、話し合いには応じず、『弁護士に任せているので弁護士と話してくれ』と拒絶することになります。
もちろん、話し合いに応じてからでも、もっといえば確認書を取ってなおかつ相手が苦情や陰口を言わないでも、裁判を起こすことはできます。確認書に『苦情や陰口を言わないことを条件に裁判を起こさない』と書き込めば別ですが。
ただ、相手も裁判を起こしてほしくない一心で確認書を書くのでしょうから、それを裏切ると言う信義則違反というか道義的な部分では好ましいとは言えません。
ですから、どんなことがあっても損害賠償を請求したいということであれば、弁護士に一任して裁判を起こすしかありません。
 
私は、裁判のことはよく知っているので、裁判で勝つには、確固とした証拠と因果関係の立証が必要だということも知悉しているので、裁判にしても内容証明にしても、交渉の駆け引きの道具とすることが多いです。
今回の場合でも、私なら、確認書を締結することを最善と考えて行動するでしょう。
相手が自分の非を認めた確認書をもらえれば、こちらが切り札を手に入れたということだからです。
相手が変な動きをすれば、すぐ裁判にかければいいのです。
確認書があるのとないのでは、裁判の難しさが違ってきます。
 
ここは弁護士とよく相談して決めてください。
 
一般人にとっては、裁判を起こされること自体が恐怖になることが多く、起こされないようにかなり折れてくることが多いのです。
いきなり直接裁判をしたら、裁判を起こされる恐怖によって有利な条件を見込むことができなくなります。
 
ただ、これは、ねこまるさんの判断次第ですね。
 
 
 
 

 

隣の苦情について

 ねこまる (180.196.178.203)  
ショーシャンクさん、こんにちは。
ご近所の知り合いに、今まで起こったことを、(ショーシャンクさんに9/8に送った内容で)お話しました。
「そんなことが起こってるなんて全く知らなかった」という方もいたり、「Kさんの息子の同級生が、我が家に集まって遊んでたら、『なぜウチの子を誘わないの!』と、その家の親御さんに怒鳴り込んできた」という方もいたり、「自治会やPTA役員などで嫌な思いをした」という方も多くいました。
 
今度、弁護士の先生に内容証明の手続きを依頼しようと思います。
その時に、「この4年の出来事で休職に至った損害賠償」だけでなく、「通常の生活音に対して執拗な苦情による名誉棄損」としても訴えれないか、相談しようと思います。
2018年に金属の棒で突かれた件は、刑事告訴は発覚から半年、民事告訴は発覚から3年という期限がある、と弁護士の先生に教わりました。
2020年に市役所の無料弁護士相談会で相談したときは、(別の弁護士さんですが)「隣人なら裁判にせず温和に済ませた方がいい」と諭され、訴えずに終わりました。
一度弁護士へ相談した経緯があっても、民事告訴の期限が変わらないのか、今度、弁護士の先生に聞こうと思います。
弁護士さんに内容証明を依頼する場合、どこまで詳細に記載内容を依頼するのかわからないのですが、 ショーシャンクさんが書いて下さった、下記のようにお伝えするのがいいのでしょうか?
 
『今まで、苦情によって、生活音を出さないように必要以上に気をつけてきたがそれでも執拗な苦情をされて、精神的に大きなダメージを受けています。 こちらとしては、判例の受忍限度をはるかに下回る生活音レベルにしてきましたが、それでも一方的に苦情を言われるということは、すでにいじめの領域です。 裁判所による受忍限度は、これよりずっと大きな音であり、もし、それが裁判によって決められた場合は、その範囲内で生活することになり、いまよりずっと大きな音となります。 それほど今まで、極限まで気を使ってきたのです。 神経をすり減らしてきたのです。 もし、通常の生活音に執拗な苦情を言うことが不法行為に当たるという判決がなされる可能性があります。弁護士に聞かれたらいいです。』
 
『東京地裁の判例もありますし、不当で執拗な苦情は名誉棄損や損害賠償請求の対象になることを内容証明で通知して、それでも止まない場合は、裁判するのがいいと思います。』
⇒これはつまり、内容証明を送付して相手の行為が止んだ場合、そこから名誉棄損や損害賠償請求はできないということでしょうか?
相手のご主人は大学教授であり、社会的地位のある人ですが、当の本人(奥さん、専業主婦)は、とんでもない行動をされるので、どうなるのかまだ不安です。
 
いつもご相談にのっていただき、ありがとうございます。
 
 
 
ねこまるさん、こんにちは。
 
内容証明を送付して、相手の執拗な苦情行動がやんだとしても、名誉毀損や損害賠償請求は、過去に実際に受けた精神的なダメージについてですから、訴を提起することはできます。
ねこまるさんが、どこを落としどころとされているか、で決まります。
とにかく、相手が苦情という名のいじめをしてこなくなったらそれでいいと考えるのであれば、苦情がなくなった時点で解決と捉えます。
過去の精神的なダメージについて争いたいのであれば、訴訟を提起すればいいでしょう。
 
隣の家の奥さんにとって、大学教授の夫は、自我の拠り所であり、頼みの綱であると同時に、最大のアキレス腱です。
こちらが本気で訴訟をする意思を見せれば、かなり焦ると思います。
態度が急に優しくなる可能性もあります。
裁判を起こされると言うこと自体、社会的地位のある人には大きなダメージとなるからです。
近所の人で賛同をしていただいた人たちと連名で、『お願い状』を送るのも手です。
受忍限度の生活音で執拗に苦情を言われるのは、精神的に耐えられない、ということを連名で出せば、かなり効果があると思います。
 
いずれにせよ、もう、へりくだって仲を修復することは無理と言うことですから、ここは毅然と対応するしか道はありません。
 
弁護士からの内容証明では、『私たち家族はずっと、受忍限度より遙かに下のレベルの生活音しか出さないように最大限努力してきましたが、それでも長年にわたり執拗な苦情を言われ続けて、精神的なダメージが大きいのです。裁判の場で、受忍限度の判断をしていただくのが最善だと考えます。同時に私たち家族が受けた精神的なダメージに関しても裁判の場において判断していただくことも考えています。』というような文章ではどうか、担当の弁護士の意見も聞いて、ねこまるさんが判断されてください。