映画についてのひとりごと 61

coohさん
こんばんは。

『セッション』面白かったですね。
今日、大河ドラマが始まる前に、もう一度、交通事故を起こすシーンからラストまで見てみました。
フレッチャーのシーンごとの微妙な表情がいいですね。
見事な終わり方、と言えるでしょう。
最後のシーンで虐待教師が芸術家へと昇華されますね。

大河ドラマの後の『この国のかたち』は見ごたえありました。
私は武士道は、江戸時代に、儒教と禅とで煮詰めてできあがったと考えていましたが
司馬遼太郎鎌倉時代の坂東武者にその原型を見てますね。
あの時代は『公』は意識されなかった時代だと思っていましたから
ちょっと意外です。

 

~~~~~

 

ひょっとすると、モーツァルトサリエリは仲が良かったのかもしれませんね。
もちろん、表面上は共作しても、裏では『フィガロの結婚』の上演を阻止したりしてますから
本当のところはわからないですね。

 

~~~~~

 

さすが司馬遼太郎ですね。
非常な名文です。
やはりこの人は視点が違いますね。人間を俯瞰してみていてそのうえで個々にズームインしているところがあります。

項羽と劉邦』名作ですね。
劉邦が偉大なる「空っぽ」だったという視点ですね。
戦えば必ず負けた劉邦が、なぜ戦えば必ず勝った項羽に勝利したのか、
とても面白い命題です。
私は、始皇帝を見たときの2人の言葉の違いに注目してます。

 

 

~~~~~~

 

ダリアさん
こんばんは。

たぶんミュージカルと言えると思うのですが
ダンサー・イン・ザ・ダーク』と言う映画があります。
私には、「駄作なんだけど大好きな映画」と「名作なんだけど大嫌いな映画」が存在します。
「名作なんだけど大嫌いな映画」の代表が『ダンサー・イン・ザ・ダーク』ですね。
これを除けば、ミュージカルも『シカゴ』とか『ムーランルージュ』とか好きですよ。

引き寄せの法則』を読まれるのであれば、DVDの『シークレット』もぜひ見てください。
とてもいいですよ。

 

~~~~~~

 

owlさん
こんばんは。

投稿消されてしまいますか?
私は前に一度ほど、谷川俊太郎の詩を載せたときに投稿できませんでした。
ベートーベンに関する詩の中につん○という言葉が入っていたからだと思います。
伏字にしたら投稿できましたから。

何かの文章の引用とかありますか?

 

~~~~~

 

そうですね。
項羽始皇帝の行列を見たときに
『いつか俺がとってかわってやる』と言い
劉邦は、『ああ、男たるもの、ああなりたいものだ』と言いました。

引き寄せの法則からすれば、項羽始皇帝を否定し
劉邦は肯定したわけです。

私はここに面白さを感じています。

 

~~~~~

 

ザ・シークレット』はとてもいいですよ。
何十回も、ひょっとすると何百回も繰り返し見ました。
1年くらいみてなかったですが、最近また、クルマのなかで
DVDを流しっぱなしにしています。
特に最後の10話を繰り返しています。
もし、私が何かを引き寄せているとすれば
このおかげも大きいですね。

 

~~~~~

 

そうですよね。
私は、「名作だけど大嫌いな映画」は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』と『ミスティック・リバー』です。
この2つは、絶望の闇を見ているようで嫌ですね。

それと対照的に、「駄作だけど大好きな映画」は『レディ・イン・ザ・ウォーター』です。
これは、ラズベリー賞にも選ばれた駄作ですが
私は映画館で観たのですが、なぜか非常に癒されました。
サントラ盤CDを買ったくらいです。

 

~~~~~

 

リッチポンタさん
おはようございます。

真田丸』、どんどん軽くなっていくので心配してます。
行き着く先は『江』でしょうか(笑)
徳川家康おちゃらけてますが、これから先、上杉景勝北条氏政もそれ以上のお笑い系になるのは目に見えていますね。
特に北条氏政は、徹底的な道化役になりそうです。
小田原評定に相当な力を入れそうです。
まあ、これからこの路線で突っ走ってもらって、『江』の境地まで行けば
それはそれで楽しくなりそうです(笑)

 

~~~~~~

 

そうですね。
確実に三谷幸喜の才能は右肩下がりですね。
ドラマなら『王様のレストラン』、映画なら『ラヂオの時間』が最高峰で
それからひたすらレベルが下がり続けています。
歴史は好きなようで、『清須会議』も手掛けましたが
ちょっと見るに堪えないものでしたね。
徒競走のようなバカバカしいことをせず、きちんと描いてほしかったです。
史実の清須会議の方が余程、戦略策略において秀吉の凄さがわかります。

 

~~~~~

 

owlさん
おはようございます。

今回のローマ法王はいいですね。
ローマ法王といえば、『ブラザーサン・シスタームーン』で
アッシジのフランチェスコローマ法王に会いに行く場面が思い出されます。
この場面でローマ法王は『私も聖職者になったときには貴方のような気持だったが
いつのまにか教会政治にばかりかかわってすっかり忘れていた。』というような言葉を
フランチェスコにかけます。

ローマ法王は世界で最も影響力があると思っていますので
こうあってほしいですよね。

 

~~~~~

 

リッチポンタさん
おはようございます。

私は、三谷幸喜は、北条氏政を描くときに
ご飯に汁を2回かけて食べるシーンを繰り返し使うような気がしてます。
歴史を知ってる人にしかわからないギャグですが
このようなギャグを随所に織り込んでいきそうです。

 

~~~~~~

 

kfmさん
おはようございます。

前回のお話といい、なかなか映画館で嫌な思いをされたことが多いようですね。
私の映画館での困った体験とすれば、
アザーズ』を観に行ったときに、最後の5分、画面が真っ黒になったんです。
ホラー系なので、最初は演出かと思ったのですが、最後まで真っ暗で
英語は聞き取れないし、非常に重要などんでん返しを観ることができませんでした。
映画館からはお詫びに無料鑑賞券をもらえたので
別の日に『アトランティスのこころ』を観に行きました。

2本観れてよかったのですが、『アザーズ』は最後のどんでん返しが肝ですから
やはり残念でした。

 

~~~~~

 

owlさん
おはようございます。

中東は複雑怪奇ですね。
中東の合意ほどあてにならないものはありません。
必ずどこかの国が抜け駆けしたりしますし(笑)
原油の利害と宗派の対立、そして民族の確執が渦巻いてますから
なかなか日本人には読みにくい地域ですね。

『ブラザーサン・シスタームーン』はいいですよ。
私のたぶんベスト5には入ります。
ぜひご覧になってください。

 

~~~~~

 

引き寄せの法則は、本もたくさん出ていますし
エスターの講演DVDも出ていますが
やはり『ザ・シークレット』DVDが、音楽と映像を駆使していますし
潜在意識に働きかけますね。
音楽は重要な要素です。
楽しんでください。

 

~~~~~

 

写真ありがとうございます。
これは見事な花ですね。
とても気に入りました。
サギソウとはよく名前を付けたものです。
本当に鳥が飛翔している形ですね。
実物を見たことないので、この夏は探してみます。

 

~~~~~

 

琉球ナイトさん
おはようございます。

そうですか。褒められてよかったですね(笑)
ツムツムプレイという言葉自体、全く理解不能ですが。

全快されたようでよかったです。

 

~~~~~~

 

owlさん
おはようございます。

『ブラザーサン・シスタームーン』いいですよね。
この映画は心に沁みこみます。
どの劇中歌も最高です。
このような人生は憧れますね。
ただ、すべての資産を捨てて、というのは
絶対にできないだろうと思いますね。
ですから、歴史上、こういう人物が存在したことだけで感動です。

これは、フランチェスコの若い時を描いていますが
続編なり、彼の人生を通して描いた作品を作ってほしいものです。

 

 

映画についてのひとりごと 60

琉球ナイトさん
こんばんは。

沖縄の離島出張とは楽しそうですね。
「バリバリ岩」の写真、ありがとうございます。
光がとても神々しいですね。
沖縄はパワースポットが多そうでいいですね。

小泉進次郎の写真、ありがとうございます。
やはりイケメンですね。
将来の総理候補ですね。
勝利になった時には、この写真はお宝になりますね。
次の次の次の次くらいでしょうか。

 

~~~~~

 

納豆、大好きですよ。
こちらでも、茨城県の納豆メーカーの商品は多く出回っていますよ。
水戸納豆、最高ですね。
茨城県の人は、納豆を最低200回以上かき回すとか。
確かに多くかき回した方がおいしいですね。
納豆を発明した人に感謝です。

ただ、こちらでは納豆が苦手な人が多いですが。
もったいないことです。

 

~~~~~~

 

ダリアさん
おはようございます。

私は今のところ花粉症だいじょうぶです。
数年前、とうとうかかったかなという症状はあったのですが
その後はそれほど重くはなっていません。

花粉症に効果のある食べ物の中で
ブロッコリー、ヨーグルト、ココア、トマトなどはよく食べますので
それがよかったのかもしれません。

 

~~~~~

 

これはまた美しいバラですね。
いつもありがとうございます。

ディズニー映画というのは、アニメに限りますか?
それであれば『アナと雪の女王』以外ほとんど観てないです。
実写であれば、『パイレーツ オブ カリビアン』シリーズなどは大好きでしたが。

確かに今日は市場は大変のようですね。
あるところでは、私は年初から、今年はある1銘柄のみ保有で現金比率をMAXにすると
言い続けてきました。
ゆえに『我此土安穏 天人常充満』なのですが、やはり今年は大きくやられる人が続出すると思います。それだけ難しい年です。

どうか、皆さんが我此土安穏でありますように。

 

~~~~~

 

私も学食で湘南出身の友達に朝メニューの納豆定食を勧められて嫌々食べてからです。
それからは本当に好きになりましたね。

三谷幸喜は、やはり『王様のレストラン』が才能のピークでしたね。
どんどん才能が枯れる人は映画界ドラマ界では多いですね。
M・ナイト・シャマランもダラボンもそうです。
処女作がピークでしたね。

今日は日経平均918円安ですか。
波乱ですが、このときのために現金比率を高めていた人には絶好のチャンスですし
株をたんまり買ってる人には怖ろしい危機ですね。
今年は特に大きく長く大局を見て判断しないと危険です。
今年は、多数の大きく損をする人と少数の大きく儲ける人と分かれる年でもあるでしょう。

 

 

~~~~~

 

琉球ナイトさん
おはようございます。

年初から、私は、今年は株は下げ基調で見ています。
ですから、去年の10月に買い集めた1銘柄だけに絞って
現金比率を最大限にしていました。
その1銘柄は、今年になっても日経平均下落関係なく上げてくれました。
しかし、もし、今後、ニューヨークダウが変調をきたせば
その1銘柄も下落することは覚悟しないといけません。
つまり、今年は相当な下げを覚悟して臨んでいました。
しかし、下げはチャンスでもあります。
私は今年、2019年までの3年間保有する株を買っていきたいと思います。
そういう意味では最大のチャンスが訪れつつあると思っています。

 

~~~~~

owlさん
おはようございます。

わらに入った納豆は食べたことがありません。
本格的な感じで食べてみたいですね。
ネットで調べてみます。
そういえば、納豆は、大豆をわらに包んで運んでいた時に
腐ってしまって捨てるのがもったいなくて食べてみると美味しかったとか。
つまり偶然に発明されたと聞きます。
養豚場が火事になってチャーシューが生まれたとか、食べ物の発祥はそういう偶然が多いですね。

ホンダのCM、ほのぼのしていいですね。
いい気持ちになれました。ありがとうございます。

 

~~~~~

 

まりさん
おはようございます。

納豆の天ぷらは食べたことないです。
天ぷらはほとんどしないのですが、春に一度だけ庭で天ぷら揚げます。
キス、エビ、たらの芽あたりが好きです。
今度は、納豆も加えてみますかね。

1年前くらいまでは納豆は毎日食べていたのですが
最近は、朝食抜き、昼食はヨーグルトにココア、はちみつ、バナナを入れて食べることが多く
夜はご飯の代わりに酒になることが多いので、食べる機会がなくなってきました。
最高の栄養食ですから、食べたいものです。

 

~~~~~

 

ダリアさん
おはようございます。

最近ますます身体にいいと言われているのが、ブロッコリーとバナナですね。
ブロッコリーはなるべく食べるようにしています。
ブロッコリーを食べないときは、ブロッコリースプラウトを食べます。
私の中では、ブロッコリーさえ食べておけば他の野菜は食べなくても大丈夫というくらいに思ってるのですが(笑)

 

~~~~~

 

今日はこちらは雨で、残念ながらウォーキングすることができませんでした。

重力波アメリカに先を越されてしまいましたね。
かぐらが早くできていたら、と残念です。
しかし、重力波が観測されたことにより
本当にタイムマシンができるかもしれませんね。
あるいは、クルマや飛行機を使わなくても、瞬間的に遠くの国に移動できるかもしれませんね。
アインシュタインは本当の天才です。

重力波の観測により、循環理論が間違いで、ビッグバン理論が正しくなったのでしょうか。
原子より小さいものが今の宇宙になったというのはどうも全く想像を超えていますが。

 

~~~~~

 

Life さん
こんにちは。

とりあえず多くを現金化しておいてよかったですね。
カリナン原石を見つけるのも株の醍醐味ですが
それよりずっと大事なことは、雪崩に遭わないことです。
もっとすごいのは、暴落をチャンスにできる人ですね。

私は、今年は2回暴落があると思っています。
今回、大きくリバウンドがあったとしても
もう一度それ以上に下げるときが来るような気がします。
それは、アメリカ発のシェールガスジャンク債ショックかもしれませんし
中国バブル崩壊かもしれませんし欧州の銀行破たんかもしれませんが。

それなら、なぜ、昨日、新しい1銘柄を買い始めたのかといいますと
3年後をにらんで、です。
買い集めた銘柄が今後、半値になるのも覚悟していますが
3年以内には必ず大きく上がるはずだと思っているからです。
日経平均も2回の暴落を経たあとは、大きく上がるはずだと楽観視しています。

いずれにせよ、雪崩に遭わないように気を付けてください。
何度も言っていますように、今年は難易度の非常に高い年ですから。

 

~~~~~

 

まりさん
こんにちは。

やはり天満宮といえば梅ですね。
太宰府天満宮だと少し前ですと受験生で大賑わいだったでしょうね。
博多を楽しんでください。

バレンタインチョコといえば、ゴディバの、馬に裸の女性が乗ってるマークの由来を知ったときは
泣きそうになりましたね。
非常にいいお話です。
民衆たちが皆、窓を固く閉じて見なかったというのも感激です。

 

~~~~~

 

言葉は力がありますから大事ですね。
ほとんど死語に近かった『ゲス』という言葉が世の中を席巻したと同時に
日本の状況も本当に悪くなりましたね。
もっといい言葉が流行ってくれなければ、いい方向に行かないですよね。

印象的なオリンピックのシーンでは、柔道の山下の負傷で金メダル、ですかね。
山下よりも相手のエジプトの選手に感動しました。
これ以上の名シーンはなかなか生まれないかもしれませんね。

 

~~~~~

 

もう泳げるのですか。すごいですね。
ただ、26度は泳ぐには少し勇気がいりますね。

おいしそうな料理ですね。
沖縄はおいしいものがいっぱいでいいですね。
写真ありがとうございます。

2月13日はニーサの日ですか。
今の株式市場を見ると、今日がニーサの日というのは笑えて来ますが
よく考えると、ニーサには最適な状況ですね(笑)
何せ、配当利回りが4%や5%ある銘柄がゴロゴロしてます。
ニーサにはふさわしい日になりましたね。

 

~~~~~~

 

今日、買っておいた『セッション』を観ました。
ジャズのことは全くわかりませんが、
狂気と紙一重のところで、『ブラック・スワン』の感じに似ていました。
入っていた解説には、『アマデウス』を引き合いに出していましたが。

あまり好きな雰囲気の作品ではありませんでしたが
終わり方は非常にいいですね。

 

~~~~~

 

小鉄さん
おはようございます。

紹介していただいてありがとうございます。
バーレスク』ですね。
早速、アマゾンで買ってみます。
まだ開けてないディスクが溜まってきたので、見るのはちょっと先になりそうですが。
サクセスストーリーは大好きなので、楽しみです。

 

~~~~~

 

owlさん
おはようございます。

重力波の音のyoutubeありがとうございます。
13億年前の音だと思うと神秘的ですね。
本当に一瞬で地球の裏側に行ける日が来るかもしれませんね。

カカオ豆の収穫作業をするアフリカの子供たちは、一度もチョコレートを食べたことがないのが現実のようですね。
地球は格差がありすぎますね。かつての日本は、一億総中流と言われて地球で最も格差のない国だったんですが、アメリカ追従でその良さがすっかり失われてきてますね。

バレンタインチョコありがとうございます。
義理チョコ禁止にしてから誰からももらえなくなったので(笑)
とてもうれしいです。

 

映画についてのひとりごと 59

kankichiさん
こんにちは。

確かに人生はポーカーみたいなものです。
配られたカードを見て腐らないことが一番ですね。
スペードの2しかなくても、あと3枚2を引き寄せればフォーカード、
非常に強いカードです(笑)

マイナス金利は私は危ういと思っていますが
そういうカードが配られた以上、そのカードで勝負します。

 

~~~~~

 

ダリアさん
こんにちは。

確かに、今年になってから急に世界が暗転したように
悪いニュースだらけですね。
私も心温まる映画を観たいのですが
いま買っておいて封を開けてないのが
『セッション』と『コレリ大尉のマンドリン』と『パルプ・フィクション』の
3作です。
パルプ・フィクション』はずっと前にレンタルで観たことがあり
『セッション』とともにあまり心温まらない感じなので
『コレリ大尉』にしますかね。

 

~~~~~

 

owlさん
こんにちは。

怒りで地面が揺れるのは想念が強いのでしょうね。
実現力があるということですから、いい方向に想念を向ければ
一気に楽園となるのではないでしょうか。

桜島噴火といえば、武田勝頼の時の浅間山噴火を思い出します。
浅間山噴火は当時の人にとっては、大事件が起こる前兆とされていました。
浅間山噴火の日に織田軍が甲斐に侵攻してきました。
そしてすぐに戦国最強の武田家は滅びてしまいます。

噴火とは関係ないでしょうけど、今年は何か、嫌な感じがします。
皆さんが雪崩に遭わないように願うばかりです。

 

~~~~~~

 

マルコ・ルビオ、頑張ってほしいですよね。
おっしゃるように最大のライバルはクルーズでしょう。
トランプは、極端なことを言ってアメリカ人たちの鬱憤を晴らすにはいいのですが
いざ投票となるとやはり感情より理性が優先しますから、というか優先してほしいですから
終盤になるほど失速するはずです。
民主党になるくらいならトランプのほうがいいですけど(笑)

市場は大荒れですね。
マイナス金利の一番の目的は円安誘導でしょうけど、直後はドル円急騰しましたが
すぐ急落しています。
マイナス金利は経済法則に反するので、私は好ましくないと思っています。
直接的には銀行の体力が弱まるということがありますし
それ以上にマイナス金利のネガティブイメージは大きいです。
ECBがマイナス金利に踏み切ったときに、ドイツ国民は大反対しました。
『勤勉に働いてこつこつ預金する人からお金を奪って、金を借りてのうのうとしているやつにお金を与えるのか。』と。
それで、ECBは、『民間銀行の預金がマイナス金利になることはない』と打ち消しに大わらわでした。

マイナス金利は経済の道理に合わない政策です。

 

~~~~~

 

owlさん
おはようございます。

2月は寒いのですが、日差しは春の明るさですね。
私は2月が大好きです。
今年は2月は1日多いのでうれしいです。

朝、すでに山道を散歩してきました。
山道を下るときに、丸っこい枯葉が風によって前をコロコロ転がっていました。
10mくらいいっしょに散歩しました。

地球という星はあまりにも格差が激しすぎますね。
アフリカでは、給食を食べて命を長らえるために学校に通う子供も多いようです。
いま、北朝鮮がミサイル発射しました。
そのミサイルの費用で、どれだけ多くの人が餓死を免れることができるでしょうか。
中国はとんでもない国ですが、たった一ついいところがあったのは
どんなに国が貧しいときでも国民全員が何とか食べることはできたのです。

世界を見たら、やはり日本人として生まれたことだけで最高に幸せなことですね。

 

~~~~~

 

真田丸』、見ました。
前回からそうなのですが、少し退屈になってきました。
この退屈感は何かなと考えると
第1回を見た時の懸念であった、重厚な人が一人もいないことですね。
すべての登場人物をコミカル系、お笑い系に描いているので
何ともとりとめのない感じになってるのだと思います。
第1回目は勝頼が非常にいい演技をしていたので
その悪い部分は隠れていたと思いますが、
それがなくなって、重厚な人物がどこにもいない、薄いドラマになりつつあります。
徳川とその家臣も上杉も北条もコミカル系で行ってはいけないでしょうね。
もし全体を明るい喜劇風にするのであっても、3割は真面目系を配しなければ
かえって面白くなくなってしまいますね。

 

 

~~~~~~

 

 

Lifeさん
こんばんは。

北朝鮮を見られたことがあるのですね。
地図で緯度を確認するだけで、相当寒そうな気がします。
自分のところの国民のことは考えないのでしょうか。
ミサイル、原爆、水爆の費用で、飢餓を救おうとは思わないのでしょうか。

何でも三代目が重要と言いますね。
三代目が優秀であったら徳川幕府のように長続きしますが
三代目は往々にして駄目なことが多いです。
『売り家と 唐様で書く 三代目』ですね。

 

 

~~~~~~

 

鷹山さん
こんばんは。

茨城県が魅力ある県3年連続最下位ですか。

確かに、西日本の者にとって最もわかりづらいというか、イメージが湧かないのは
茨城県と栃木県です。
茨城県には海がないと思ってる人も結構いるんじゃないかと思います。
やはり、東京があまりにも巨大すぎて、東京の向こう側がかすんで見えないのかもしれません。

しかし、水戸というとイメージが湧いてきます。
やはり水戸黄門の圧倒的な知名度でしょうね。
行ったことはありませんが、梅のイメージがあります。
梅里と号していたからかもしれません。

朝食の件は私も見て、ちょっと不安になりました。
前は、私は朝食に最も重点をおいて食べてたのです。
朝カレーがブームになる前、朝にカレーなどをいっぱい食べてました。
旅館の朝食がこの世で最もおいしいと思いますし
本当は食べたいのです。
しかし、最近、朝食を抜きなさいというたぐいの本が出てきて
その理論では、夜中断食しているようなものだから朝いきなり食べると身体に悪い、
朝は消化にエネルギーを使うべきではない、というものです。

しかし、研究結果が朝食抜きが悪いというのであれば
少し考え直した方がいいですかね。

映画についてのひとりごと 57

琉球ナイトさん
こんばんは。

ドラゴン・タトゥーの女』もサスペンスですか?
サスペンス、ミステリーはSFと同じく優先順位低いので
いつになるかはわかりませんが、観ますね。

今日の『真田丸』、見ましたが、少しほころびが見えますね。
真田昌幸の策略が鼻についてきました。
このような偽の書状など、史実ではないでしょうけど
脚本としては出来が悪いですね。
あまりにも大きなリスクに比べ、結局領土の大部分を奪われるわけですから
策略としては失敗ですね。
上杉について、そこで上杉と織田の同盟を推し進める策をとらずに
偽の書状を作ってまで自分の生命を危険に晒すのは説得力がないです。
史実に基づいてもう少しさらっと行ったほうがいいような気はします。

 

 

リッチポンタさん、おはようございます。

甘利大臣は、もったいなかったですね。
あれほど交渉ができる日本人は少ないだけに、日本にとって損失です。
後任は石原伸晃ですか。
はっきりいって無理ですね。
アメリカを筆頭に、交渉上手がひしめく中で、この人が交渉能力を発揮できるとはとても思えません。
大声をあげる相手には手も足も出ないでしょうね。
ただ、金にまつわるスキャンダルは可能性が低いというだけの起用でしょう。

ゲスの極みの川谷も最低ですね。
やはり、名前は大事ですね。
『ゲスの極み』と言う名前通りになりましたね(笑)

 

~~~~~

 

私は西日本ですが、関西ではありません。
確かにこちらに帰ってきたときには、恵方巻の風習はなかったです。
確か、小僧寿しチェーンが全国に広めたとか。
私の妻は関西出身なので、とりあえず節分の日にはずっと恵方巻は食べていますよ。
今年の恵方は南南東らしいです。
今年は南南東の方角を向いて、恵方巻を食べます。
本当は全部食べるまでものを言ってはいけないのですが
2口くらい食べたら、それでしゃべったりします。

私の地方では、イワシのほかに、鯨を食べます。
節分には、大きなものを食べると、大きな福を得られるとされています。
食べることができるもので、最も大きなものは鯨です。
今年も多分食べると思います。

写真ありがとうございます。
梅は好きな花です。
梅がある神社ということは天神さんですかね。

 

~~~~~

 

『チョコレートドーナツ』、良さそうな映画ですね。
原題は『Any Day Now』なのですね。
チョコレートドーナツが何か筋の中で重要な役割をするのでしょうか。
昔のキリスト教社会で、ゲイなどのマイノリティは大変な偏見にさらされたでしょう。
特に東海岸では生きにくかったと思います。
『ミルク』などの映画はゲイの偏見と闘う作品ですが、そうではなく
人間愛を描いた作品のようですね。
今度、観てみます。
ご紹介、ありがとうございました。

 

~~~~~

 

kankichiさん
おはようございます。

マイナス金利というのは劇薬です。
劇薬というのは、分量が多いと毒薬になります。

今の日本の状態は、山の中でバーベキューをしようとしているみたいなものです。
木の枝を拾い集めて火をつけようとしたけど、なかなか点きません。
少し火がつき始めたと思ったら、雨が降ってきました。
中国経済減速、原油安という大雨です。
火は消えつつあります。
それで、着火剤を大量に投入して何とか火をつけようとしました。
それでもつかないので、今度は灯油を撒き始めました。
灯油がマイナス金利です。
マイナス金利は最初はマイナス0.1%で始めても、火が付かなければ
どんどんエスカレートしてマイナス1.1%にまでなるでしょう。
大量の灯油を撒いた状態です。
その時に雨が小降りになったら、一気に火が付き、山火事になるでしょう。
今度は消火活動に専念しなければならなくなります。
バーベキューを食べることができるでしょうか。

スターウォーズ』を観られたのですね。
感動できてよかったですね。
今日もいい日でありますように。

 

~~~~~

 

ワクワクする映画ですか。
なかなか最近はそのような映画にめぐり合えませんね。
ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』は観られたことはありますか。
私はこの作品は、ティム・バートン監督作品の中で一番好きな映画です。
もし機会があれば観てみてください。

 

~~~~~

 

今日は節分ですね。
豆と恵方巻イワシとそして鯨の刺身を買ってきて食べます。
鯨は国際的な非難を受けながらも調査捕鯨(笑)してくれてますのでまだあります。
もし鯨が手に入らなくなっても、別の「大きなもの」を代替にしますからいいのですが
鯨以上に大きなものはなかなかないですね。

力士や芸能人が来るお寺が近くというのは、やはり凄いところです。

マイナス金利は簡単にエスカレートさせそうなので怖いですね。
3月にはすぐマイナス0.5%くらいにしそうな勢いですね。
ちゃんと出口を考えているのでしょうか。

 

 

~~~~~

 

kfmさん、私も最近はディスク鑑賞ばかりです。
私は特に同じ作品を何度も繰り返し観るので、
いきなりディスクを買うことが多いです。
枚数は集まりましたが、駄作が8割です。
レビューなどを参考にして買ってもそうですから
無作為であれば作品の95%以上は駄作でしょうね。
何度も繰り返し観ることができるのが名作という基準は
「知的生活の方法」の影響かもしれません。

『ドライヴィング ミス デイジー』はいい映画ですね。
モーガン・フリーマンが出演作で最も印象に残った作品に挙げていましたね。
間違いなく名作です。

 

 

~~~~~

 

私は、マイナス金利は、経済法則に反すると思っていますから憂慮していますが
株をやる以上、どのような条件があらわれたにせよ、それに対応していかなければいけません。
マイナス金利で世の中どう動いていくかを予測して最善の策をとるべきですね。
タイタニック』の中の言葉のように「人生はポーカーのようなもの。どのようなカードが配られようがそれを楽しむ。」という感じでしょうか(笑)

 

~~~~~

 

鷹山さん、こんにちは。

私は、今夜、恵方巻イワシを食べるのが楽しみです。
そういえば、節分そばもありましたね。
蕎麦も節分にここ数年は食べています。
節分は本当の大晦日ですから今日こそ年越しですね。
年越しそばは必要です。

日本や日本人のいいところが最近、世界的にも大きく認められるようになりましたので
大変うれしいです。
その一方で、偽装問題なども起きていますから
もう一度日本人としての誇りを持ってほしいですね。

今年は年初から言っていますように、大変難しい年です。
上がると思えば下がり、下がると思ったら上がる、というような。
ですから、退場者が続出する年になるでしょう。
雪崩に巻き込まれないように、恵方を向いていきましょう。

 

 

~~~~~~

 

今日は立春ですね。
新しい年の初めです。
気分を一新して生きていこうと思います。

節分は最近は食べるものがどんどん増えてきて、昨日で体重が増えてしまいました。
私は節分の食べ物はどれもこれも大好きなので、食べ過ぎてしまいます。

マイナス金利、いまはマイナス0.1%ですが、大雨が降り続いている状態なので
なかなか火はつかないでしょう。
数ヵ月後にはマイナス1.1%にまでエスカレートしそうな気がしますね。
その時は資産を株に変えたほうがいいかもしれませんね。
山火事がいつ起きるかわかりませんから(笑)

 

~~~~~

 

確かに沖縄移住に憧れる人は多いですね。
好きなところで仕事するのは楽しくていいでしょうね。

石垣島におでん屋があるのもびっくりです。
夏でもおでんで営業しているのでしょうか。

南国らしい写真ありがとうございます。
やはり海がきれいですね。

 

~~~~~

美味しそうな写真ですね。
沖縄におでんは意外でした。
しかも夏でも人気とは。
しかし、オリオンビールに合いそうですね。

~~~~~

 

今日は、ニコニコの日ですか。
ニコニコしておきますね。
語呂合わせの記念日はわかりやすいですね。
商談で、必ず記念日のカレンダーを持ってくる問屋がいるのですが
それに目を通すととても楽しいですね。
語呂合わせだとすぐわかるのですが
歴史上の出来事の日付とかも興味深いですし
例えば10月11日がウインクの日だとか、
なるほど、という感じですね。
11月10日でもいいような気がしますが(笑)

お花の写真ありがとうございます。
きれいな水仙ですね。
名雪中花ですかね。
大好きな黄色です。

 

 

 

 

映画についてのひとりごと 56

輝かしい人生なんてとんでもなく、失敗だらけの人生ですよ。
しかし、思いのパターンを変えただけで状況が一変したということです。
才能でも経験でも知識でも努力でもなく、それだけですね。
人にはその人その人の思考パターンがあって習慣になっておりなかなか抜け出せないので
占いや予言が当たってしまうのですが、パターンを壊せば占いも外れるものです。

 

~~~~~

 

確かに、真田丸、今のところ面白いですね。
ただ、ひとつだけ気になるのが、すべての登場人物が笑い担当になるのではないかという布陣です。
父も母も兄も姉も北条も上杉も徳川もすべてがボケ役になってしまうような気がして
やはり重鎮や真面目担当が要所要所に配置されなければ、とりとめのないドラマになってしまうかもと若干だけ心配です。
杞憂でしょうけど。
久しぶりに楽しい大河ドラマではありますね。
期待しましょう。

 

~~~~~

 

思いのパターンを変えるのは確かに大変です。
長年、慣れ親しんできた想念の流れは激流みたいなものですから
その流れを変えるには、それ以上の激流を起こさなければならないので
しんどいものではありますね。
本や音楽や映画は、その点、日常生活の思考パターンからかけ離れていますから
それで埋めるのは有効でしょう。
日常に密着した本や音楽ではだめですけど

 

~~~~~

 

武田勝頼は戦国最強の武田家を滅ぼしたとあって、無能な二代目みたいに描かれることが多かったのですが、『真田丸』で徳川家康本多正信が話していたように、武勇に秀でた武将でした。決して無能ではなく、平均以上だったと思います。
有能であった勝頼がなぜ戦国最強軍団を滅亡させてしまったのか、これは引き寄せの法則からすると大変示唆に富んだ問いかけのように思えます。
そういう視点で見ると歴史は面白いですね。
ただ、三谷幸喜が『真田丸』で描いた武田勝頼像は違いますね。
もし、あのような人物であったのなら、武田家を滅亡はさせてないでしょうね。

 

~~~~~

 

大相撲、最近全く見てないですね。
やはり、日本人力士が活躍しなくなってからでしょうか、
興味がなくなりました。
日本の凄さは何でも『道』の哲学にまで高めることで
お花やお茶も道になっています。
相撲も相撲道と捉えず
強ければいい勝てばいいと捉える人が増えたことで
全く面白くなくなりました。
また、興味が湧くようにしてほしいものです。

 

~~~~~

 

大河ドラマはほとんど見てますね。
というか、ほとんどテレビを見ないのですが
唯一大河ドラマだけは見るようにしてます。
他のテレビドラマは終わった後評判がいいものをレンタルで見ることが多いです。

真田丸』は真田幸村が主人公ですが、むしろ、真田一家を船または航海に見立てて描くとのことです。
それであれば、武田家の滅亡の瞬間から始めるのではなく、武田信玄が亡くなって勝頼が正式に跡目を相続したところから描いてほしかったですね。
勝頼は、跡目を相続してから連戦連勝で、織田や徳川軍を蹴散らかしたほどです。
そのとき、真田昌幸が大活躍するのですが、そこを描いてほしかったですね。
勝頼は無能に思われていますが、これを見ても非常に優れた武将でした。
優れた武将に戦国最強の軍団があって、なぜ滅びなければならなかったのか、非常に面白い題材です。
もう武田家は滅びてしまったので、これからは境遇が転々とするところですかね。
楽しみではありますね。

 

~~~~~

 

そういえば、名優モーガン・フリーマンも主演男優賞は取ってませんでしたね。
ウーピー・ゴールドバーグ助演女優賞でしたね。
まだまだ、人種差別があるのでしょうか。
しかし、ハル・ベリーの『チョコレート』観ましたが
「この演技でアカデミー賞主演女優賞?」というのが正直な気持ちでした。

人種差別は絶対に悪いことですが、逆に黒人をある一定比率入れなければならないとするのも結局同じ目線ですから困ったものです。
オバマが大統領になった時には相当期待したのですが、そしてノーベル平和賞まで授与されたのですが、結局は、世界を大混乱に陥れてしまいました。
人種関係なく、才能のある人、実績のある人が授与されてほしいものです。

 

~~~~~

 

今日は私は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観ました。
この映画は、私の言う2001年以降の映画不毛時代を代表するような作品でした。
世間の評価は高いようですが、私にとっては非常に後味の悪いものです。
自分が繰り出す言葉に酔ってるだけとしか見えない脚本で
好きな人はいるのでしょうが、私にとっては時間の無駄でした。

~~~~~

ディカプリオは無冠の帝王ですね。
タイタニック』の時の役は非常に魅力的でしたね。
『人生はポーカーみたいなもの。配られたカードを楽しむ。』みたいなセリフがあったと思います(うろ覚えですが)。
ただ、最近は、癖のある役、詐欺師みたいな役が多く、それはそれで本当にはまっているのですが
人間愛を前面に押し出すような役になかなか恵まれないですね。
私も、この人の作品はよく観ているので、ぜひ取ってほしいところですが。

 

~~~~~

この大寒波で台湾の方が多く亡くなられたというのはびっくりです。
たぶん、氷点下にはなっていないんじゃないかと思うのですが。
やはり、日ごろ暖かい地方は、それだけ寒さに対する免疫がないということでしょうね。

実は私は、相当前から『地球温暖化のどこが悪いんだろう。生物には温暖化は好ましいことなのに。』と考えていて
むしろ生物には氷河期の突入のほうが怖いことだと思っているのです。
あまり相手にはされませんが(笑)

 

~~~~~~

 

大河ドラマにせよ、歴史ドラマはほとんどファンタジーだと思っています。
歴史ドキュメントではないのですから、当然ですね。
そもそも歴史上のどの人物も評価が定まってなく、謎の部分が多いので
やはり脚本家がどういうキャラにしたいかにかかっていますね。
幸村が主人公である以上、その兄弟がより優秀という設定はできず
どうしても対照的に描かれることは仕方ないでしょう。
ただ『花燃ゆ』のように、ある程度知っている時代背景であれば
そのあまりにも安易なキャラ設定(久坂玄瑞高杉晋作がいつも喧嘩している設定など)は
我慢できないものでしたが
真田丸』の勝頼は、敗者の美学ともいうべき描写となっており感動できるものでした。
史実とは違うにしても、ドラマとしてはいい出来だったと思います。
このまま、中だるみせずに行ってほしいものです。

 

~~~~~

 

ファンタジーの度合いをどこまで許せるか、ですね。
歴史に詳しい人ほど、ファンタジー部分を許せないところがあります。
特に想い入れが多い人物であればなおさらです。
『江』のように、全く史実や時代背景無視のファンタジーであれば
もう架空の物語としてしまうことも可能ですが
司馬遼太郎原作の作品などで、それなりの時代考証がされているドラマは
やはり見る目が厳しくなりますね。

私もリッチポンタさんと同じく、史実と違う部分には批判的な目で見てしまうことが多いのですが、そうするとドラマとして楽しめないので、ファンタジーとして楽しむようにはしています。
でないと、この10年間くらいの大河ドラマは楽しめないですから。

 

~~~~~

 

ディカプリオは、最近は『華麗なるギャツビー』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの癖のある主人公、はっきり言うといかがわしい人物の役が多いですね。
なかなかアカデミー賞からは遠くなりつつありますね。
取るのであれば、『アビエイター』『ディパーテッド』『ブラッド・ダイヤモンド』の頃に取るべきでしたね。

これから演技が円熟してくれば可能性が高まるとは思いますが
休業宣言したということは本人も少し行き詰まっているのかもしれませんね。

 

~~~~~

 

日本沈没』で沈まないところがあったんですね。
それがなぜ水戸市なのでしょう。不思議ですね。
長野県あたりの標高が高いところのような気がしますが。
そして、なぜ、アイヌ語の地名が水戸市にあるのかも不思議ですね。
日本が沈没するときには水戸に引っ越します(笑)

話は変わりますが、私は『日本以外全部沈没』というパロディ小説が好きでした。
筒井康隆だったと思います。
この人の小説は爆笑できるものが多いですね。
私の最もツボは『経理課長の放送』ですが。

 

~~~~~~

 

そういえば、焼肉店ではよく29日肉の日とかやってるところが多いですね。
肉の日半額という店は、普段はお客さん全くいないのに29日は入れないほど混雑するらしいです。
沖縄はやはりオリオンビールですか。
いまは全国でオリオンビールを販売しているところが増えたので
見かけたら時々買います。
少し南国気分を味わえますね。

 

~~~~~

ゴーン・ガール』は、『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』『パニックルーム』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の監督でしたか。
ドラゴン・タトゥーの女』以外は観てますが、ずいぶん有名な作品を撮っていたのですね。
サスペンスの分野だけは、どんどん脚本が進化しているように思えますが
この分野はどうあっても面白い時間つぶし以上ではないとは思っています。
意外な展開、筋を読ませない展開、どんでん返しの意外さを競っている分野ですね。
刺激を求めすぎて、エグい描写が多くなりがちなのは勘弁してほしいところです。

映画についてのひとりごと 55

モーツァルトの手紙なんかを読むと、非常に無邪気です。
アマデウス』のモーツァルト像はある程度当たっているかもしれません。
実生活でも無邪気にふるまうところがあって、それがサリエリを怒らせたりしたこともあったと思いますが
やはり嫉妬はあったとは思います。
映画でも描かれてましたが、モーツァルトの才能を最も理解していたのがサリエリだったのでしょう。
才能を理解するには相応の才能が必要ですから。
皇帝やモーツァルトの奥さんは、モーツァルトの才能を理解はできてなかったのでしょう。

サリエリが音楽を理解する才能を持っていたために、モーツァルトの音楽に神そのものを見て
ついにサリエリは神を呪うことになります。
誇張が大きいですが、なかなか考えさせられる作品です。

 

~~~~~

 

いま、『ヘルプ』観ました。
正月の間は全然映画を観ることができなかったので
観ようと思って買ってたディスクが溜まってきました。
一気に観ようと思っています。

さて、『ヘルプ』、非常にいい映画でした。
2001年以降の映画にはあまり名作がないと思っていたのですが
この『ヘルプ』は間違いなく名作です。
アカデミー賞作品賞受賞の『それでも夜は明ける』などより
ずっと感動しますし泣けました。
それでも夜は明ける』に何の意志も希望も感じることはできませんでしたが
『ヘルプ』にははっきりした意志も希望もあります。

このような傑作を紹介していただいてありがとうございました。

 

~~~~~

 

亀太郎さん
サリエリを詳しく書いたサイト紹介ありがとうございます。
面白いですね。
この人は、サリエリは毒殺の犯人ではないという方向で書かれていますが
ここに書かれた数々の状況証拠からは、やはりサリエリ、怪しい感じはしますね(笑)
とても面白い読み物でした。
年が近かったとは意外でした。
この記述では、コンスタンチェもサリエリを疑っていたような感じですね。

あと、これは全く関係ないですが、この文の中に
『でも、音楽室の壁に貼られたベートーヴェンて、何であんなに怖そうに睨んでいるのを、文部省はわざわざ選んだんだろう?』というのがありますが
あの肖像画は本人を前に書かれた代表的なもので、実はベートーヴェンメイドさん
その日、マカロニをこがしてしまったらしくベートーヴェンはそのことで非常に不機嫌だったらしいです。
普通なら、マカロニごときで、肖像画を描いてもらうときまでずっと不機嫌ということもないと思いますし、自分の絵を描いてもらうのですから愛想笑いくらいしそうなものですが
やはり気難しい人だったようです(笑)

 

~~~~~

 

ショパン 愛と哀しみの旋律』を観ました。
これは、駄作中の駄作ですね。
精神性や音楽性のかけらもない酷い作品です。
何が描きたかったのか全く不明です。
ショパンジョルジュ・サンドも冒涜しているとしか思えないです。
映画を作る人の視点によって、ここまでくだらない作品になるのだということが納得できる作品でした。
古典というだけの『未完成交響楽』もそうでしたが、音楽家の映画は成功するのは難しいですね。

 

~~~~~

 

真田丸』見ました。
つかみはまずまずOKという感じでしょうか。
大泉洋がなぜ信幸になったか、この後の展開がわかるような気がしましたね。
優柔不断で弟より能力が劣っていてコミカルなキャラにしたいのでしょう。
凡庸なために様々な局面において悩み苦しむ人物として描かれるはずです。
弟の才能の引き立て役、道化という部分が大きいと思います。

三谷幸喜が最も苦心したのは、どのシーンから始めるか、ではなかったでしょうか。
大河ドラマは普通、主人公の幼少期から始めるのですが
今回は違いますね。
最初の面白いエピソードから始めるというのは、視聴率のためには欠かせないのでしょう。

1年間を通して見るのが苦痛でないドラマになってくれれば、と願います。

 

~~~~~

 

真田丸』、昨日見て、三谷幸喜がそれぞれの人物をどのように描こうとしているのかわかったような気がします。
父親の真田昌幸は、結構いい加減なキャラとしたいようです。
言うこととやることが違ったり、判断をコロコロ変えたり、というようなキャラ設定にしてますね。
コロコロ変わる父親の言葉に長男は真意がわからず振り回され、主人公の幸村はその心の底がわかっているというような感じで進むはずです。

いずれにしても、コミカルで明るい感じのドラマになりそうなので、楽しめそうではありますね。

 

~~~~~

 

ご実家は関西でしたかね。
やはり帰省されると言葉が同じなのでうれしくなったりされるのではないでしょうか。
北海道でも関西弁で話されますか。

真田丸』、わざわざアメリカからロボット馬をレンタルするのはそんな理由があったのですね。
録画していますので、また見返してみますね。
たぶん、そう思ってみてもわからないくらい精巧なのでしょうね。

 

~~~~~

 

『陽だまりのグラウンド』ですか。観たことないなあと思いながらも、あらすじ見ましたら、新作当時にレンタルで観たことあります。
いい映画だったような気がしますが、あの当時は出店ばかりして忙しかった時で、すっかり忘れていました。懐かしいです。
ディスク買って観たいと思います。

今日は、『キャデラック・レコード』を観ました。
ビヨンセ主演・製作総指揮という謳い文句の作品ですが、いまいちでした。
エイドリアン・ブロディが『戦場のピアニスト』の印象が強すぎるのと
もっと単純にサクセスストーリーにしてほしかったところ、
やはりこうなるなあ、という結末で、ちょっと後味が悪かったです。
なかなかいい映画というのはないものです。

 

~~~~~

 

『feel good』は大切ですね。
ショーシャンクの空に』でも、アンディは刑務所の運動場を歩いているときも
公園を散歩しているようで、まるで透明なコートに包まれているように
そこだけ空気が違っていた、という場面があります。
どのような環境や状況でも、そうありたいですね。

 

~~~~~

 

湯豆腐いいですね。
お吸い物の素をだし昆布の代わりにするのですか?
それは知りませんでした。
ゆず胡椒鍋物には最高ですね。
ゆず胡椒を知ってからは手放せません。
九州の人に『胡椒が入ってないのに何故ゆず胡椒って言うの?』と聞いたことがありますが
よくわからないらしいです。

 

~~~~~

 

ココア最高ですね。
寒い時に熱いココアは本当に温まります。
雪がちらついている日にクルマの運転してるときは
自販機を見たら、缶ココアか缶コーンスープのどちらかを買ってました。
温まっていいんですよね。
それが寒い日の楽しみの一つです。

ドイツの大晦日の事件、ああいう事件は本当に嫌です。
急に世界が悪い方向に進み始めたような気がするのは私だけでしょうか。
確かに、ベッキーSMAPのニュースで大騒ぎしている日本は平和ですね。

 

~~~~~

 

雪ですか、いいですね。
こちらは雪の気配さえない、いい天気です。
ずいぶん寒くはなりましたが。

SMAPは確かに国民的なグループですが
SMAPの解散で大騒ぎできるというのは平和で有り難いことかもしれませんね。

 

~~~~~

 

そうなんですよね。
マスコミの報道ばかり見ていると、年々凶悪犯罪が増えているように思えますが
実は、ずっと減り続けているのですよね。
社会のいい面をもっともっと報道すべきなのです。

ただ、塩野七海さんが言ったという「それは、あなた、平和の代償で仕方がないのよ」という言葉は全くの的外れですね。
平和の代償で殺人が起きるわけではなく、その反対でしょう。
統計的に日本でも争乱の時のほうが殺人事件は多かったのですから
やはり経済の発展や知性の増大によっていい方向に向かって行ってるとは思います

 

~~~~~

 

唐辛子を胡椒と呼ぶからゆず胡椒なのですね。
納得です。
私が聞いたのは北九州出身の人だったので、言語圏が違ったのかもしれません。

湯豆腐は煮すぎないで、湯を沸騰させて火を止めてから豆腐を入れると
5分したら外側が70度、内側が50度になるようです。
甘みが出ますのでおすすめです。

 

~~~~~

 

官庁を地方に分散するのは大賛成です。
ただ、官庁間の連携も大事でしょうから、政治の一大中心を東京以外に作るのがいいかもしれませんね。
アメリカのニューヨークとワシントン、中国の上海と北京のように
経済の中心と政治の中心を分けるのはありだと思いますね。
作るとすれば、リニア新幹線の沿線がいいと思いますが。
その中で地震の少ないところでしょうね。

 

~~~~~

 

旅人さん
こんにちは。

これはたぶん捏造でしょうね。
基本的に占いや予言は当たらないと思っていますから。

3年前、非常によく当たる占い師と言われていて3カ月以上予約が満杯の占い師に
占ってもらったことがあります。
結果は破財の運命で、近いうちに(その年のうちに)事業も財産も破産するというものでした。
確かにその当時とんでもない土地を購入してしまって
固定資産税や登録免許税だけで大金を払わなければならず
売れる当ても活用できる当てもなくその占いは当たるとしか思えませんでした。
その半年後に再び占ってもらいましたが同じ結果でした。
しかし、その後、その土地も売れましたし、事業内容もすこぶる順調で会社は無借金経営になりました。

やはり、未来は全く決まったものではなく、自分で作り上げるものだと確信してます。

 

~~~~~

 

当たると評判の占い師に見てもらったときは、状況的には最悪でした。
自分の判断ミスで、巨大な建造物がある土地を格安で買ったのですが
それを活用するためには修復費用がいくらになるかわからないと判明しましたし
その建造物のために売るにも売れないものでしたし、
更に悪いことには、建造物にかかる固定資産税が莫大なもので
持っていればどんどん資金が減っていく状況でした。
本業の業績も落ちていましたし、確かに占い師が言うことは当たるだろうと自分でも思いこんだくらいです。
その他の状況も、まさにどん底でした。
人生において八方塞がりということはこういうことかと思いました。

ですから、占いは当たらないというのは不正確で、当たる占いは存在するけど
それを自分の想念で全く覆すことはできる、一変させることはできるというのが正確です。

当たる占いや運命というのがあるように見えるのは
人間がそれぞれ同じ思考パターンに嵌っていてそれを繰り返しているだけだからです。
ですから、思考パターンを変えれば全く占いは当たらないということになります。

 

~~~~~~

 

真田丸』、三谷幸喜のここ最近の作品群の出来から危惧していたのですが
なかなか面白い感じで進んでいますね。
私は、戦国武将では最も興味のある人が武田勝頼なので、1回2回ともとても面白かったです。
できれば、いきなり武田家滅亡の瞬間から始めずに、武田勝頼に仕えていた何年間かを描いてほしかったような気がしますが。
戦国最強の武田軍団がなぜ滅びてしまったのかに相当興味があるのですが
大河の筋とは全く違うことなので、さらりと行きましたね。
ただ、今日の2回目では、徳川家康に『勝頼は決して愚鈍な男ではなかった。』『むしろ武勇には秀でておりました。』『何故じゃ。信玄が偉大過ぎたか、取り巻きが間抜けすぎたか。正信、何が一体、人を滅ぼすのか。』と会話させます。
三谷幸喜も、武田家の滅亡に関心があったのでしょう。
掘り下げるところは掘り下げていて面白いですね。

映画についてのひとりごと 54

坂の上の雲』冒頭のナレーションです。

★★★★★

まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。

小さなといえば、明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。
産業といえば農業しかなく、人材といえば三百年のあいだ読書階級であった旧士族しかなかった。
明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものをもった。

誰もが「国民」になった。

不慣れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。
この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。
社会のどういう階層の、どういう家の子でも、ある一定の資格をとるために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも、官吏にも、教師にも、軍人にも、成り得た。

この時代の明るさは、こういう楽天主義オプティミズム)から来ている。

今から思えば、実に滑稽なことに、コメと絹の他に主要産業のない国家の連中は、ヨーロッパ先進国と同じ海軍を持とうとした。陸軍も同様である。 財政の成り立つはずがない。

が、ともかくも近代国家を作り上げようというのは、元々維新成立の大目的であったし、維新後の新国民の少年のような希望であった。

この物語は、その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つロシアと対決し、どのように振舞ったかという物語である。主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれない。が、ともかく我々は三人の人物の跡を追わねばならない。

四国は、伊予松山に三人の男がいた。この古い城下町に生まれた秋山真之は、日露戦争が起こるに当って、勝利は不可能に近いと言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。その兄の秋山好古は、日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコサック師団を破るという奇跡を遂げた。もう一人は、俳句短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて、 その中興の祖となった俳人正岡子規である。

彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く。

上って行く坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、
それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。

 

~~~~~

 

坂の上の雲』最終回のナレーションです。

★★★★★

維新後、日露戦争までという三十年あまりは、文化史的にも精神史の上からでも、長い日本の歴史の中で実に特異な時代である。
これほど楽天的な時代はない。
無論、見方によってはそうではない。
庶民は重税に喘ぎ、国権はあくまで重く、民権はあくまで軽く、足尾の鉱毒事件があり、女工哀史があり、小作争議がありで、そのような被害意識の中から見れば、これほど暗い時代はないであろう。
しかし、被害意識でのみ見るのが庶民の歴史ではない。

明治はよかった、という。
『降る雪や 明治は遠く なりにけり』という中村草田男の澄みきった色彩世界が持つ明治が一方にはある。

この物語は、その日本史上例のない幸福な楽天家たちの物語である。
楽天家たちはそのような時代人の体質で、前をのみ見つめながら歩く。
登ってゆく坂の上の蒼い天に、もし、一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂を登ってゆくであろう

 

~~~~~

 

今日の午前中に税理士が持ってきた『事務所通信』というパンフのコラム欄に
『申年に収穫される梅は縁起が良く、食べると健康に長生きできるという言い伝えがあります。』と書かれていました。
『平安中期、京の都で悪疫が流行した時に、村上天皇が梅干しと福茶で病を治したというエピソードがあります。その梅干しが申年に収穫された梅であったことから、“申年の梅”が薬として広まりました。
また、江戸時代、申年に始まった天明の飢饉では、紀州藩だけが梅干しの力でほとんど死者を出さなかったと言われています。』
とのことです。
ちょうど、庭に梅の木があって、毎年大きな南高梅をつけてくれるので
申年の来年は、梅干しにしようと思います。

 

~~~~~

 

坂の上の雲の、あの冒頭、初めて観たときに感激しました。
久石譲の音楽と、司馬遼太郎の文章、渡辺謙のナレーション、
もう完璧ですね。
そして、最終回の『『降る雪や 明治は遠く なりにけり』という中村草田男の澄みきった色彩世界が持つ明治が一方にはある。』のナレーションで泣いてしまいました。

王様のレストラン』最終回の「この店が一流ですって?」も泣けましたね。
このドラマも音楽が最高でした。

そして、『すいか』、スローライフ、癒しのドラマの先駆ですね。
知らない方も多いと思いますが、お勧めです。

この3作は、歴代のドラマでも別格の素晴らしさがあります。
この3作が全部決勝まで残っているということは、皆さん、やはり見る目をお持ちですね。
この3作、どれも視聴率はパッとしなかったんです。
ショーシャンクの空に』が興行成績が悪かったのと同じですね。
後から評価が高くなっていきます。

 

~~~~~

 

亀太郎さん
おはようございます。

ひょっとすると祭りでの露店でしょうか。
凄いバイトですね。
暴力団の事務所には入ったことがないので映画で想像するだけですが
居心地は悪そうですね(笑)

本での知識ですが、祭りの露天商にもいろいろ階級があるらしいです。
もっともいい場所で幅を利かせているのは飲食系みたいです。
唐揚げなんかは、相当いい場所だったのかもしれませんね。

 

~~~~~

 

琉球ナイトさん、キジムナーさんの置物をくれた人に聞きましたら
琉球村で買ったそうです。
琉球村にはいろいろあるようです。

 

~~~~~

 

私の最も推していた『王様のレストラン』『坂の上の雲』『すいか』は4位、12位、24位でしたね。
しかし、高視聴率だった『半沢直樹』や『下町ロケット』がそれほど上位に入らなかったのはよかったと思います。
最近の風潮では、はっきりとした『敵』が次々と現れて、それを倒していくという感じの安易なものが多いので、そしてそれが高視聴率を稼いでいるので、少しどうなんだろうと思うところがありましたから。

昨日、録画していた『赤めだか』見ました。
いいドラマでした。ちょうど、立川談志の落語BOXを注文していたところなので
タイミング的にはよかったです。
立川談志はそれほど好きな落語家ではありませんでしたが、これで落語BOXもより一層興味深く見ることができそうです。

 

~~~~~

owlさん
こんにちは。

いよいよ今日で今年も最後ですね。
お題にも参加してくださり、きれいなお花の写真も投稿していただき
本当にありがとうございました。

恒例の第九、NHKでありますね。
私は、学生の時から第九はフルトヴェングラーバイロイト盤でしか聴かないので
見ることはないです。
大阪に住んでいるときは、毎年末には、朝比奈隆指揮大坂フィルの『第九』コンサートに行っていました。
朝比奈隆フルトヴェングラーを大変尊敬しており、第九もフルトヴェングラーを真似した感じでした。
しかし、どうしても第1楽章の深遠さが出ません。また決定的に違うのは第3楽章で、これはどの指揮者もフルトヴェングラーのようには演奏できないでしょう。
ただ、生で聴くのは凄い音場感なので毎年必ず行ってましたが。

来年もよろしくお願いします。
来年がいい年でありますように。

 

~~~~~

 

Lifeさん
こんにちは。

はい(笑)私は福袋は買わないですね。
テレビ通販もそうですが、煽りに乗せられて買ったもので無駄にならなかったものはないので。
自分でじっくり研究して買ったものは長続きします。
何かといっしょですね(笑)

今年はありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎えください。

 

~~~~~

 

coohさん
お疲れ様でした。
ドラマ投票企画ありがとうございました。
楽しめました。
こういう企画では、埋もれた名作、ほとんど誰も知らない名作が見つかったりするので
いいですね。
そういう意味での私の一押しは『すいか』ですね。
これは観た人のほうが少ないと思いますが、特に女性に薦めてあげてください。
肩の力が抜けるような感じです。

今年はありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
来年がいい年でありますように。

 

~~~~~

 

鷹山さん
おはようございます。

私もモノを大切にするので、ガラクタを捨てるのは苦手でしたが
一度ガラクタがなくなる快感を味わうと、どんどん捨てたくなります(笑)
意外と、精神にとっては所有するというのは苦なのかもしれませんね。
とはいえ、捨てようと思った古新聞をついつい読み込んで整理がはかどらないことも多いですが。

金賞ワイン、私は大好きです。
あのおかげで、選ぶのに苦労せず安くて美味しいワインが味わえるようになりました。
ただ、最近、あまりにもいろいろなコンクールの金賞ワインが出回ってきて
少し外れも出てきましたが。

来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎えください。

 

~~~~~

 

kankichiさん
おはようございます。

そうなんですか。北海道のニセコは、海外セレブの別荘地になっているのですね。
北海道の景色の映像ディスクを持っているのですが
北海道は本当に美しいですね。
その広大な景色のためか、北海道の人には茫洋とした人が多いような気がします。
いい人多いですね。
素晴らしいところにお住みですね。

今年はありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
来年がいい年でありますように。

 

~~~~~

ダリアさん
こんにちは。

こちらこそ、いろいろ投稿していただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
ダリアさんにとって来年がいい年でありますように。

~~~~~

ぽうさん
こんにちは。

私はまだまだ仕事です。
とは言っても、店を回るだけの簡単な仕事ですが(笑)

私は29日に洗車したのですが、今日午前中こちらは雨でした。
今になって晴れてきました。
もう一度洗車をするかどうか悩み中です。

年明けには書初めされるのですか、いいですね。
ぜひ、力強く前向きな言葉を書いて、
その通りの1年にしてください。

来年もよろしくお願いします。
来年がいい年になりますように。

~~~~~

 

旅人さん
こんにちは。

今年も今日限りですね。
いろいろありがとうございました。
来年がいい年であればいいですね。
来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎えください。

 

~~~~~

まりさん
おはようございます。

今年一年お疲れ様でした。
私は今日も仕事です。
今年の有意義な一年を過ごせました。
去年がホップ、今年がステップとすると来年はジャンプの年です。
来年はライフワークに打ち込みます。
去年今年でそれができる環境が整いました。

まりさん、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

それではよいお年をお迎えください。

~~~~~

歌舞犬の小鉄さん
お疲れ様でした。

いろいろありがとうございました。
来年をよりよい年にしたいですね。
来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎えください。

~~~~~

琉球ナイトさん
こんばんは。

キジムナーさんの置物見つかってよかったですね。
しかも、私と同じキジムナーさんですね。
来年いいことがあると思いますよ。
私も今年、去年に引き続き非常にいい年にすることができました。
私の能力や実力からすると信じられないようなことの連続でした。
この世は不思議で満ちていますね。
アンディが言うように『この世は固いものでできているわけじゃないんだ。』ですね。

今年、おかげさまで、渡部昇一が『続・知的生活の方法』で書いた『インディペンデント』に大きく近づきました。

お互いに来年、素晴らしい年にしましょう。
いい年をお迎えください。

~~~~~

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

元日は晴天の中、初詣と墓参りに行きました。
大変いい正月を迎えることができました。
本来なら、お一人お一人にお返事したいところですが
ゆったりとした正月を満喫しておりますので
また明日にでもあらためて書き込みます。

今年が皆さまにとって最高の年となりますように祈念いたします。

~~~~

coohさん
明けましておめでとうございます。
富士山の初日の出の画像、ありがとうございます。

正月は、立川談志の落語のDVDBOXを何個か見ました。
やはり『芝浜』は泣けますね。
ただ、立川談志は相当な照れ屋なんだと思いますが
どの噺も、オチの部分が溜めがなく早口で終わってしまいます。
『饅頭怖い』も「本当は何が怖いんだ?」の後に『間』がなく「饅頭怖い」と早口で言って終わりにします。
やはりここは、『間』をおいてから、「ここらで一杯熱いお茶が怖い」とやってほしかったです。
『芝浜』も、時間の関係か、拾ったお金でどんちゃん騒ぎする描写がなく
またおかみさんも、強くてよくできた女房という人格でなく
うそを言ったことを本気で謝る形にしています。
まあ、これは、噺家それぞれの色を出せばいいのですが。
まくらも理屈っぽいですが、ただやはり鬼才であったことは確かですね。

 

~~~~~

新しい大河ドラマ、今日からですね。
あの『花燃ゆ』でも『八重の桜』でも全部見た私は
どんなものでも見るとは思いますが、やはり面白くなってほしいですね。
三谷幸喜の作品は年々面白くなくなっているので心配ですが
もともと才能のある人なので期待はしたいです。

今年もよろしくお願いします。

~~~~~

ほっこりくん
明けましておめでとうございます。

年末最後の最後に挨拶していただけたのですね。
今年もよろしくお願いします。

~~~~~

良い言葉は大切ですね。
言霊というのは本当ですね。
どんな時でも、悪い言葉、マイナスの言葉を排除し
いい言葉を言うようにすれば、運が大きく開けてくると思いますね。
私も、日常生活でいい言葉を使うように心がけたいと思います。

今年もよろしくお願いします

~~~~~

私も七草粥は大好きですね。
やはりこの時期、七草粥が食べたくなりますから
身体が悲鳴を上げているのでしょう。
昔の人の知恵は大したものです。

~~~~

アマデウス』は数ある音楽家の映画でも最高傑作でしょうね。
日本公開の劇場版がやはりいいですね。
ディレクターズカット版は、劇場版ではカットされた部分が多く加えられてわかりやすいのですが、作品とすれば冗長です。
ただ、最後、モーツァルトの奥さんがサリエリが自分の家にいることに
非常に不快な表情を見せてきつい態度をとります。
この理由が劇場版では今一つわからなかったのですが、
ディレクターズカット版を見てわかりやすくなったのではありますが。
それ以外は劇場版がいいです。

私は、春の花はとにかく何でも好きです。
春という季節が大好きなので。
また花もどれも明るくていいですよね。
菜の花のような黄色や梅桜桃のようなピンクや藤のような紫や
どれもどれも好きです。
その中でやはり春っぽい色である黄色やピンク、いいですね。
春の花を育てていただけるのはうれしいです。
楽しみにしています。

~~~~~

七草粥、昨日食べました。
私は結構この味は好きです。
確かに、この時期、お粥を身体が喜ぶような気がします。
最近は、和風のおせちだけでなく、洋風のおせちも多くなっていますし
正月からステーキや焼肉の家も多いでしょうから
特に今年は七草粥が美味しかったような気がします。

アマデウス』ですが、ラストに近い場面で、モーツァルトの奥さんが自分の家でモーツァルトのそばにいてくれたサリエリに強い不快感を表します。
サリエリは宮廷音楽家でしかも病気の夫を看てくれてたのですから、そこまでの不快感は不思議だったのですが、ディレクターズカット版を見るとその理由がわかりました。
サリエリは陰湿で酷いことをしていたのですね。
ただ、作品としては、劇場版が冗長でなくいいテンポですから
ディレクターズカット版はお勧めしません。